寄り道で見つけた本

今日、散髪にいくまで時間があったのでパルコの本屋に寄ったのですが、そこで「プロフェッショナルWebライティング」(技術評論社)というWebのライティングについての
いい本を見つけたのでついつい財布が緩んでしまいました。
内容は、Webのライターに求められるスキルやメディア特性、マナーや確認事項、校正から発注の仕方までいろいろ書かれています。そこから、本を作るサイト文章のクオリティーをあげる手順は変わらないこと、そしてWebではWebというメディアの特性に応じたリソースのくみ上げ方や修正の仕方が必須であることが読みとれます。 Web媒体のライターをされている方からプランナー、ディレクターの方にお勧めです。
ところで、MacBookをデュアルブートにはしたものの、現状、テレビを見るとき以外はTigerで事足りている状態。自分のサイトに「Made on a Mac」が付く日も近くなりそうです。
本当はTiger上でWindowsが動けばいいのですが、Leo~でもしかすると・・・
待ち遠しいですね。

今年を振り返って

飛躍の年になりました。
今まで4,5年がんばってきたことがようやく役に立ってきたり、
実際に仕事で使う機会が増えてきた年でした。
スキル・ナレッジ・セマンティクス・メタ
この4つの要素が今後情報社会を生き抜くための
重要なポジションになっていくようなそんな感じがします。
そしてミレニアムズ。
彼ら(私も?)は今までとは違う価値観と志向性を持っているだけでなく
複数の用件を同時にこなしたり、あらゆる情報を処理していたり・・・
表には決して普通のことなので出さないですが、何気なくこなしているさまを
見ていると恐怖観念に似た思いが心をよぎります。
戦後60年といわれ、騙し騙しに進んできた社会ももうそろそろ限りが見え始めた今年
来年は今年以上に波乱に満ちた年になりそうな…
来年は転機の一年。 今までやってきたことを次のセマンティクスに移していきたい。
そして焦らず慎重に。
怪我しないように気をつけて帰郷します。 

FireFox+

最近IEのエンジンを使ったブラウザーからFireFoxに乗り換えました。
FireFoxはアドオン(エクステンション)の種類が多く、さまざまな機能を付加することができます。
特にWeb制作にかかわる人に便利なデベロッパー向けのデバック・チェックツールは高性能で
市販のツールに引けを取らないものばかりです。
その中でも日頃よく使っているものを紹介したいと思います。
FireFTP( http://fireftp.mozdev.org/ )
Windows、MacOSX問わず使える
FTPクライアントのFireFoxアドオン。
プラグインのような形でFireFoxを拡張できます。
使用感はGspaseやFFFTPなどと同じで
左右にローカルとサーバーそれぞれ表示されます。
Web Developer ( http://www.infoaxia.com/tools/webdeveloper/ )
ブラウザーチェック、デバックなどが行えるFireFoxのアドオン。
スタイルシートやjavaScriptなどの効果を解除したり、
選択した範囲のソースを表示したりすることができ、
制作時の確認などに役立ちます。
FireBug( https://addons.mozilla.org/firefox/1843/ )
その場でHTMLを編集できるFireFoxのアドオン。
文書構造をツリー表示してくれるので構造の把握なども容易。
通常表示の際もスクリプトエラーなどのアラートログを表示してくれるため、
Web Developerと併用することで大体の問題は解決できます。
bookmark Sync and Sort( https://addons.mozilla.org/firefox/2367/ )
異なる端末間でFireFoxのブックマークを共有・同期させることができるアドオン。
FTPでサーバーにXMLデータを送受信することで同期を行う形式をとっている。

MacBookの使用感など

MacOS X 10.4 Tigerの実力

アプリケーションをあまりインストールしていないからということも反映してか起動にかかる時間が本の数秒しかかからず、スイッチを入れればすぐ使うことができる。そのかわり、終了時少し待たされることもあるが、その時間もWindowsと比べれば短時間で終わる。

13.3inchディスプレイの強み

デスクトップでは17インチ〜19インチ、ノートパソコンでは、15インチが主流となっている現在、13.3インチというサイズは少し小さく感じるかもしれないが、ワイドであるため、横幅は1280ピクセル確保され、高さも1024×768サイズとほぼ同じ800ピクセルとなり、ドキュメント作成で不自由に感じることはあまりない。しかしプレゼンテーション資料や紙面媒体・Web媒体の制作物を作る際は、若干高さが足りない印象を受けるかもしれない。

とはいえ、DVDを見る際は、このワイドディスプレイを十分に活用できる。また、どのWindowsのノートPCよりも光度があり、Mac特有の明るいディスプレイを体感することができる。

歪むことのないキーストローク

従来の単にキーが並べられた配置ではなく、ボディーから突き出たように配置されたキーボード。キーピッチが少し広いように見えるが、実際は一般的なノートPCとほぼ同じキーピッチを確保しており、押した際のストロークも不自然さが全くない、Windowsを普段使っているとコマンドキー、コントロールキーの配置に最初戸惑うことが、すぐなれる。

使いやすいインターフェイス

デフォルトでWebCam、マイクがディスプレイ上部にあり、iChat AVやSkypeがそのまま楽しめます。また、USBや電源、FireWare、各種音声端子などもすべて左側に配置されており、マウスをつないだのはいいが、プラグが邪魔といったこともない。右側にはDVDドライブのスロットがあり、ここからディスクを入れることができる。スロット式のため、強制排出する際はトラックパッドのボタンを押した状態でイジェクトボタンを押す。

フォント

デザイナーが最も気にするフォント。私の場合はWindowsのノートPCより移してみたのだが、ほぼ完全にMac上でもTrueType、OpenTypeのものは使用できている。また、Mac版のOffice2004にはWindowsで提供されているフォントの一部を収録しており、Windows環境とほぼ同じフォントを使うことができる。

X11+OpenOffice

オープンソースのオフィススウィート。もともとLinux向けということもあり、使用する際はX11というエミュレータやフレームワークに似たツールを起動する必要がある(実際にはX11上でOpenOfficeが起動している)。出荷時の設定ではインストールされていないため、別途リカバリーCDのPackegeフォルだからインストールする必要はあるが、特別に設定する項目はない、デザイン、体裁面でMicrosoftOfficeに足並みを揃えることはできないが、会社で作った書類を見る、資料を起こしたり原稿を書くなど厳格なフォーマットを使用しない用途では難なく使用できる。

iLife

MacといえばiLife。WindowsPCに同封されているツールのようなオリジナルを感じることは少ないかもしれないが、必要な機能が何の説明もなく使いこなせる点で、iLifeは優れている。しかし、一部の機能は.Macに加入する必要があり別途費用がかかる場合がある。デジカメを接続すると自動的に画像をiPhotoで読み込んでくれたり、楽曲のアーカイブから購入、CDの再生までこなすiTunesなど普段の生活で欠かせないツールがiLifeには詰まっている。

デュアルブート

最大のIntelMac強みかもしれないデュアルブート環境の提供。ノートPCでデュアルブート環境を持てる利点はさまざまあり、それを購入理由に挙げる人も少なくない。キーボード配列は若干異なり、トラックバッドのボタンもシングルとなり、2ボタンを使用してきたWindowsユーザーには戸惑う部分も出てくると思うが、右クリックと同じ動作を行う際はControlキー+左クリックで行える。また、2ボタンのマウスを使うこともでき、不自由になることはない。

Windows上では「ProMouseEnabler」というツールをインストールすれば、右クリックの動作をボタン長押し、Ctrl+クリックに割り当てることができる。

その後・・・

外付けのHDDが必要かなと感じ、要らないHDDをひとつ外付け用のケースに入れて使うことにしました。もともとPMPに入っていたのですが、ケースは2000円以内で済んだので、新品を買うことを考えるとかなり安上がりで賄えました。こちらも使い心地がよければまたレポートします。

カコナール…

昨日、体調が優れず、飲みなさいといわれ飲んだ「カコナール」
今朝、目覚めもよく、久しぶりにいい朝を迎えることができました。
味は昔飲んでいた漢方薬に甘みを足して酸味を取り去ったような感じで
カフェインの入ったドリンク(眠気覚ましの)あの味に少し似ています。
そして今日はもう少し仕事。
師走なのでせっかくだということで(何)
仕事が終わったら朝マックかはたまた仮眠を取ってすぐ出社か迷うところですが、
束の間の息抜きブログをお許しください。
年末はアクセススポットを駆け巡って三都散策! w/z MacBook

MacBook その2

年末/ホリデー商戦の最盛期を前にMacBookとWindowsのOSを手に入れました。
どのWindows対応のノートよりも明るく、シンプルなデザインと
デュアルブート可能なCore2Duo。
同じ価格帯のものに比べればスペックも申し分なく、
なによりもキーボードが押しやすいところがいいです。
Macを買うに至った大きな理由はWindowsが使えることと価格。
映像を扱うとなるとやはりProですが、Webページが大半なので
MacBookで十分なスペック(今のデスクよりもしかするといい)
欲を言えばあとはテレビかな・・・
BootCampを使ってデュアルにしたのですが、
MacOSとWindowsのブートHD間のデータ移動などができないのが難点。
パーティションを3つにしてOSを入れないパーティションのフォーマットを
共有できるもの(たとえばFATなど)にする必要があります。
シンプルなデザインで飽きがこないので今後も使い続けていきます。

デザインノート

カラーチャートやR、角度からフォントサイズ、罫線の幅、黄金比、JIS規格の紙面サイズに紙の流れめ
これだけの内容がCOATEDのノートに書かれています。
果たしてこれはおしゃれなのかそれともデザイナー向けのノートということなのかは
想像の域を出ることはないですが仕事に役立ちそうです。
内容をみると紙面向けになっているのでWeb向けのカラーチャートやエレメンツが載っているといいのですが・・・
構成は月間カレンダー・フリーノート・ブロックノート・チャートなどの付録、レシートなどを入れられるクリアファイル。できればバイブルサイズリフィルで出してほしい内容。
写真は後日・・・

次世代のWebへの展望

Web標準という言葉と技術がようやく根付いてきた今年。
年末に差し掛かるということで次世代のWebフォーマットはどのようになるのか
最近模索し始めた。
Web標準ではメタデータとXHTMLがキーとなっているところの副産物が多いが、
まだまだ一般的にXML自体を意識して触るという機会はまれである。
最近言葉にすることが多くなったOpenDocument。
このフォーマットがWebへ与える影響が次世代を迎える大きなアクションになると今はそう思っている(考察)
フォーマットの中身そのものはバイナリデータとXMLをひとまとめにしたファイルで
特別に何かがあるというわけではない。
OpenDocumentは今まで専用ツールでのみ取り扱われていた互換性のないワードプロセッサやシート、プレゼンテーションのファイルデータのフォーマットを統一し、OpenOfficeで作ったデータをMicrosoftOfficeやオンラインのツールを使って編集するといったことを不自由なく行えるようにするためのフォーマットである。
今までMicrosoftのシェアが大半を占めていたOfficeSuiteにおいてユーザーがツールを選べる時代がくる。現状、互換性のあるツールはさまざまであるが、今後このフォーマットが確立されることで、Webサービスとして提供されているツールでの使用などが飛躍的に向上する。→場所を選ばずして作業することができるようになる…かもしれない。
そしてOpenDocumentが普及してゆく中で気になるのがPDFのあり方。
今最も普及しているドキュメントフォーマットのひとつであるPDFの動向も今後注目していきたい。

MacBook

最近MacBookに心惹かれています。
今使っているノートも5年目にさしかかろうとしているところで、
講義に使うには小さくて持ち運びやすかったのでよかったのですが、
実際仕事でとなると、少し画面が小さいと感じたり、
処理が滞ってしまうことがあったりともうそろそろ次なのかなと感じていました。
とりあえず、リカバリーしてTurboLinuxとWinXPを入れてネットはできる状態にしたものの
若干、動きが鈍いと感じることもシバシバ…
約一年計画でいろいろノートをリストアップしていて大型ノートがいいかなと思っていた
矢先なのですが、WindowsVistaの登場とMacがIntelコア採用でWindowsが動く環境を
もたらしてくれました。そして出てきたMacBook。
スペックではWindows機種とあまり変わらないどころか処理では上回っている点も少しあり
デザイン・操作性もシンプルで使いやすい。
ワードプロセッサ関連をWebツールに置き換えさえすれば、
制作環境用にWindosを導入するだけですべてMacでこなすことができるようになる。
そして何より、MacでWindowsも使えるとなれば、サイト制作時の動作確認を
1端末でほぼこなすことができる…
ワンセグもMacで見れればきっと即決。
手元に制作環境を持つべきか、それとも今のノートでネットのみにすべきか…
今週も悩みます。