覚え書き アイディアの出し方

師走を前に淡々と仕事をこなす日々、
週末は台風がくる中、本屋にいたり、木が折れたりなど…
最近、自社媒体以外のものの仕事が増え、自分に一任されるような形のものも増えてきて楽しい限り。昔はアイディアが枯渇したらどうしようなんて考えていたのが嘘のように、数日あればクライアントに出せるレベルのものをあげれるようになった。商品企画でも用いられるアイディアの産み方もしくは転換の方法は、大きく(小さく)してみてはどうか?、強く(弱く)してみてはどうか?、回転させてみてはどうか?、正反対にしてみてはどうか?などの基本的な方法があるらしい。
それらと意味が通じるか、道理にかなったものか、方向性は合っているかと考え吟味していくといろいろなアイディアが出てくる。
自分が仕事でアイディアを出すときはまず、内容やテーマで連想する言葉をできるだけ多くあげていく。そしてそれらの中でビジュアルとして表せるものをまとめ、絞っていく…といった方法で進めていくことが多い。最初からビジュアルで始めるのではなく、言葉から始める理由は、〜〜な感じだからというのではなく、「○○」「□□」といった具現化された簡潔な言葉で説明できるというところのメリットが高い。形容詞や形容動詞を理由の末端にもっていこうとしても三者三様のイメージができてしまい、結果として曖昧な表現になってしまう。
それよりも言葉という三者それぞれが同じ答えを思い描いてくれるもののほうがより自分の考えた意図やコンセプトを理解してもらうことができる。
そして何より大事なことは、1点に集中して雑念を消すということ。あれもこれもといろいろ考えていても結局は中途半端に終わってしまうので、仕事は案件ごとに頭の中を一度フラットにしてから次を行うようにしている。そうすることでアイディアの幅が狭く成らずにすむ。
頭の中に残らないアイディアはいいアイディアにならない。
ふと思いついたいいアイディア。それをノートに書き、数日後見てみるといいアイディアでない場合が多いように感じる。それよりも頭の中にいつまでも残るアイディアはより磨かれ洗練された形でアウトプットできる。書いたからといって一度頭の中から消してしまうのではなく、何度も何度も頭の中でブラッシュアップしていけるようになると、忘れていたアイディアがふとしたときに別のものと結びついていいアイディアになるときがある。
こんなことを書いているとアイディアが出ずに悩んでいたことが嘘のように感じる今日この頃。
なんていいつつやっぱり悩む!けれども、近頃はストイック+ベーシック+サプライズの3つで何とかなっているらしい・・・

仕事の視点

仕事をしているとき常に意識していること
自分の仕事の先にあるものを捉え、目的を明確にする
モノの本質を捉え、決して意味のない装飾は行わない
自分やクライアントと正反対の視点から物事を考える
これらがうまく行かない場合は本質を捉えていない
逆にそれらを遂行すれば目標を達成することができる

APIに手を出すと・・・

GoogleやAmazon,YahooなどのAPIを片っ端から最近試しています。
この記事の最下部にもGoogleのAPIを導入。個別エントリー表示のときに威力を発揮してくれます。
そして一度試すと面白いので止まりません。
最近某SNSのトピックでテーブルレイアウトが話題に出た。
いまさら・・・ という印象は否めないものの、悩んでいる人もいるのが現状のようです。しかし、今の学生はテーブルレイアウトを知らない人が多い、実は自分も最初はテーブルレイアウトを就職するまで知らず、それまではCSSで組むのが当たり前の状態でほとんど0の状態からテーブルレイアウトを学びました。
大学の論文で文書構造云々を書いている自分がテーブルレイアウトをしているのはなんとも言いがたいものがあり、早くCSSの時代は来ないのかなーと思っていたのもつかの間。Web標準やWeb2.0という言葉と共にそのときは一瞬でやってきた。
CSSでは細部までデザインできない、違うブラウザーで見ると崩れている云々は古いブラウザーを使っていないのならば自分のスキル不足。とにかく100回やればできるようになるはず・・・
FireFox2.0、Safari2.0そしてI.E6,7に焦点をあわせたサイトデザインを行えば体外のユーザーは見ることができる。safariの初期のものやMacのIEなどはそろそろ潮時かもしれない。
常に進化し続けるWebで時代錯誤はそろそろやめたい。
ということでやっぱりXMLかな・・・
今日見つけてしまった面白い記事

ブログ記事の転載などを探す方法

自分のブログが誰かのブログで勝手に転載されていてもわかるようにする、探す方法。
調べようがなさそうで実は比較的簡単な方法で見つけることができる。
自分のブログ固有の文字、うちであればjugem.cdbk.netという文字をRSS対応のブログ検索サイトで検索をする。
すると検索結果が出てくるので、そのRSSを取得、RSSリーダーに登録しておくと、掲載(転載)されると検索結果のフィードとしてすぐに結果として出てくれる。当ブログの場合は、当然自分のサイトのエントリーも一覧に表示されるが、その後に続いて転載しているサイトも並んでいる・・・
どうしよう~~

iPod touchやiPhoneでIM

リスト表示
iPod touchの登場でGoogleなどのWebサイトが相次いでiPhone, iPod touchに合わせたページを提供している最中、インスタントメッセンジャーサイトも独自のページを提供し始めた。
AIMやGoogle talk,MSN,Yahoo(US)に対応しているMeebo.comにアクセスしてみたところ写真のような画面で普通に使うことができるようになっていた。単なるブラウジングではなく、IMが使えると言うことがわかり、これで新しいウィジェットを待たずにメッセージを送ったりすることができる。しかしながら、ファイルを保存することはできないので、ファイル転送はできない・・・

今回の日経ビジネスアソシエ(10/20追記)

毎年恒例?の手帳活用術特集。実用的な手帳を紹介すると共にすごく便利なブックレットが付録として着いているのですが、路線図や空港マップ、ワインのビンテージチャートから分析シートまであると便利なものが揃っています。しかし、自分の手帳に比べ若干幅があるのが悔しい・・・
アソシエの記事では紙以外のグループウェアなどを使っている事例もあり、いよいよデジタルのものも一般化してきたかな?といった印象を受けました。
スケジュールを同じ部署の人や友達などと共通するという点では紙よりもグループウェアなどのほうがすぐに確認でき、便利。でも、結局のところ書いて覚えるという面で紙は一役買っているところも否めない。
自分自身、グループウェアにスケジュールを入れるとその内容は完全に頭から消えてしまう。なのでリマインダーやガジェットへスケジュールを転送したりして、確認できる環境を整える。そして仕事や行事日程は手帳にも書いてToDo代わりに。
ちょっと前までは手帳を持ち歩いていたけれど、移動中や出先で手帳を広げることはない事に気づき今は持たない生活。平日は会社のデスクに置きっぱなし。とはいっても書くことは何かしらあるということで
DSCN0361.jpg
最近、常にジャケットのポケットにペンケースを忍ばせるようにしています。マルチペンと赤ペン、極細の製図ペン、校正用消しゴムそして薄めのロディア。
必要なときすぐ取り出せるので便利です。ペンケースは以前ブログに出ていたMarimekkoのがま口ポーチ。

最近見ているもの

相変わらず、朝のメールとRSSのチェックは欠かさず、そこでだいたいの動きを知る。忙しくなるとスケジュールとタスクを押さえるという行動をなかなか取らなくなる。しかしそこは、努力?
転職して半年が経ち、ようやく会社での目標や目指すべきモデルが見えてきたところでロールモデル・師と仰ぐ人の書いた本を読む日々。
人が見るもの、見せるものをただ作っている今が、そう長くは続かない。見る側の人たちに見る自由を選択してもらう媒体ができつつある今、自分ができることは何なのか、考える日々。
進化し続けるガジェットたちをポケットに、言語化し記録するツールを違うポケットに
そんな一日一日を過ごす合間に思いついたこと。
そろそろ仕事の内容も幅が広がってきたので、サイトで少しばかり後悔→公開しようかと・・・
新卒採用の仕事は面白い、けれどもどうすれば結果が出るのかが、見えない。のでとりあえず、作ったものだけでもサイトに掲載します。 ただしギミックは施します。
それまでの間はiPodに。

パンズ・ラビリンスと週末

今日は恵比寿へパンズ・ラビリンスを見に行った。
感想は一言で言うと「シュール」でした。
週末には見たくない一作品。~酷評~
しかし、映像はきれいで情緒的で、その合間合間に出てくる刺激的な出来事はサスペンスの何十倍も衝撃的に目の中、耳の中に入ってきます。ということで・・・
日中、スタバでくつろぎながら紙とペンを相手に少しだけ仕事。iPodでサンプルの資料眺めつつアイディアを練ったりしていたのですが、恵比寿と言う場所ということもあってかwifiのスポットのリストがスクロールするほどでてJR以外にもFONなどもありました。
そして映画を見る前に三越で珍しい形のアロマグッズを見つけ、衝動買い。
MilledioriのNatural Fragrance。アロマのボトルに竹串ほどのスティックを数本さして楽しむ部屋に置くアロマグッズです。部屋に香りをと思っている方にお勧めのひとつ。

iPod touch hacks初心者編?

※ここから先に掲載している内容はリスクを伴うものですので、実際に行う際は実機が破損するおそれがあります。また、その損害について私・作成者は責任を負いません。自身の責任において行ってください。
iPod touchを現状(2007年10月13日現在)ストレージとしてMac OS X(10.4.10)上で認識できるツール「iPhoneDisk」を見つけました。名前の通り本来は「iPhone」向けに開発されたもので、同じ系統のOSを組み込んでいるiPod touchにおいてもストレージとして認識されました。
この「iPhoneDisk」を使うには別途、OS X上で違うファイルシステムと連携をとるためのライブラリ「MacFUSE」が必要になります。
私はWindows上で音楽や映像、写真を同期させているのですが、試しに出荷時から一度もフォーマットしていない状態でiCal経由のGoogle Calendarを同期させてみました。
画面が大きくなった分、従来のiPodに比べ格段に見やすくなっています。しかし、Windows上とMac上双方で同じiPodを同期させると今までの経験ではファイルが認識されなくなったりしたのであまりおすすめできず、Windowsの場合はOutlook2003以上、MacではiCalのどちらかをおすすめします。
ということで取り急ぎ、現状のHacksはこの辺で

ガジェットを減らす努力・・・

いつも無駄に持ち歩いているガジェット類。
携帯電話、iPod touch、ボイスレコーダー&FMラジオ代わりのMp3プレーヤー、定期券&鍵入れに入っていて帰宅時ドアを開ける際のライトと化しているiPod nano、カメラ、この中で毎日使うのは携帯電話とiPod touch。
2つに絞れば・・・と思うところもあるけれどももしも・・・が怖くて踏み切れず。
手帳は平日帰宅してもGoogle Calendarしか見ないので最近は電卓とともに会社に置くことに、文具類も同様でジャケットには常に複合ペンのみ。
極端に言えば、携帯とiPodとお財布があれば通勤できてしまう=手ぶらで通勤達成。
しかし、これでいいのか?・・・
逆を突いて、まずは休日手ぶらを実行  してみるかな。
そして、仕事も一息ついたのでそろそろmymine.infoの開発に本腰を!