久しぶりのコーディング

今日は久しぶりにコーディングをしています。
企業の新卒向け採用サイトなのですが、デザイン→コーディングまでを丸々できるので思い通りのデザインとコーディングのまま完成させることができる。現状、納得してもらっているけれども、これで効果は出るのか…
結局はそこが全ての結果になる。
とはいえ、コーディングしやすいしにくい関わらずデザインしてHTMLにする。基本の基本。忘れないようにしなければ・・・

ひさしぶりに

日曜日は先輩と戸越銀座でランチをしました。
お好み焼きを鱈腹・・・
デザインのことやWebのこと、仕事のこといろいろ話して次につながる決意?を心の中で誓いました(何
新しいことをしよう、始めようという人が周りに多くいて凄く活気に満ちているようなそんな日が毎日続けば、それが新しい流れにつながるのかな・・・

春一番と黄砂・・・

こんなに目に入ってくる黄砂は生まれてはじめてです・・・
黄砂の多い日は大概日本にいないOR東京にいないということが多いので今日の黄砂はかなり目に・・・
今年は去年よりも多いのかな・・・
今日はTシャツの印刷をしてくれる会社を探しにいったのですが、ビルの正面から行けないようなので後日アポイントを取ることに。それに連携して、グラフィックもしくはイラストを委託して1作品作ろうと考えています。そのためのコンセプトも決まり、とりあえずWebにあげています。
cdbk.net GIRLY
どうにかしてデザインしたものを着て仕事をしたい。。。この思惑やいかに。。。

転職後リアリズム

一冊の本を読んでいます。
DSCN0575.jpg
タイトルは「社長よりも偉いもの」
ビジネス書なのですが、フィクション。このたぐいの本はあまり現実味がないので読まないのですが、この本はささりました(笑)
フィクションなのにその内容はリアリズム。
自分は制作会社からコンサルティング会社に移り、営業職のプロセスを見ることができるようになったことで、今までの仕事間とは違うものを感じたり、自分は当たり前と思っていることが実はそうでなかったり、またその逆だったりといろいろ勉強させられることも多い今の仕事。
この本で語られている多くのことは、今ある会社、もっといえば混迷の中にいる会社が潜在的にもっているファクターを浮き彫りにしたように見えました。
新卒ではいった社員が3年で4割辞める時代。それは新卒の社員に原因があるのか、それとも会社に問題があるのか一様には言えないけれども、ほかの本では語られない、その原因を知ることができる・・・?。
今なお、採用というものに焦点を当てた仕事をしている自分もこの本の中で語られている新卒と同じような経験をしていたのかもしれない。明確な答えのないまま働き続けることほど辛いものはない。
そんな中で悩んでいる社会人(第2新卒?)、逆にどうすればいいのか、何が原因なのかあやふやなままにしている経営陣に一度は読んでもらいたい一冊。
リサーチ資料もいいが、たまにはこういった本も楽しい。
実はこの本、
ここでは語れない事実があります・・・
だからこそささりました(笑)

ブログへのアクセス・・・

GoogleでMR_DESIGNを検索するとこのブログが上位表示されている・・・
その他COATEDの手帳についての検索が多いようです。
MR_DESIGNは佐野研二郎氏の屋号で三ツ星マークがひかるデザインの会社。個人的にはなぜ独立したのかというところと今後の展開をぜひ聞いてみたいと思っているのですが、RealDesignでの掲載のほか、デザイン系の雑誌で取り上げているものもあるようなので実はこまめにチェックしたり・・・
Googleの画像検索をすると彼の作品が数点載ってました。
私はまだまだ独立という選択肢の影も見えない状態で会社と共に成長し、仕事を増やしている状態。今後もっと、「マス」の世界にも自分の作品をお披露目できる機会ができればと思い日々仕事をしています。 近々掲載予定の広告があるのですが、それはなかなか日と目に付きやすいところに載ります。 知りたい方はメール飛ばしてください(笑)

20080218

週末
土曜日、同僚に教えてもらったボディークリームを探していたところ発見、すごく自分の好きな甘い香り(何につけても甘い香りが好きなようで・・・)でテスターをつけてみたのですがラメが・・・
ベネフィットのグリッダーよりも濃い感じなので香りは最高なのにラメでなくなくパス。
そして日曜日結局ジョンソンエンドジョンソンのものに落ち着く。
最近好んで使っているのはロクシタンのVERT(GreenTea)清涼感があり、新鮮な気持ちになります。
そしてこの週末、3カ年計画についてじっくりと考えていました。仕事の方向性や自分自身の作品制作をどうするか、いろんな人の言葉を見ていると、プライベートでのクリエイティブは必ず実を付けることを示してくれていたので、今後はやはり個人活動も平行して続けていきたい。
そして「RI」という概念のあり方を仕事を通じて示していくことがこの3年でやるべきこと。
語る場面が来たとき「RI」については書きます。

コードバンで工作

薄型の財布もしくは小銭も入るマネーケースを探してもいいものがあらず、なら作ってしまおうと思い、コードバンを購入手縫いで作ってみることに。
布のようにすんなりできればいいのですが、裏面から刺すと表皮がさけてしまうようで最初にホールをあけるのがきれいに作るコツ。
熱を入れて曲げたり、柔らかくしたり、いろいろ試しています。
初めての皮革細工にしては…まあまあか。
表

とても薄いのでジャケットやパンツのポケットに入れても服がごわつかない。もっと後処理とかできるようになれば、一生使えるものも作れそうな・・・ でも先は長い。
まだまだコードバンが余ってるので練習がてら作ります。次は何作ろ・・・
この春、桜が散る頃までに今年はシャツを作る予定をしています。こちらはcdbk.net CREATIVESのプロダクトとして(というか趣味の延長)。
Tシャツかポロシャツ、はたまた七分袖のシャツ。今年の生産性を上げるを実現すべく、Web・映像・紙面・皮革・アパレル・・・ まずは自分の欲しいシャツから。

このブログをよく見ている人

いまやTipsや新しい情報源として欠かせないブログ。
ということで情報検索しているとブログにたどり着くこと、とあるジャンルに関してどこぞのニュースサイト以上に早く情報をもっているひとのブログを仕事の合間や仕事で見ることも増えました。
なかのひとというどの企業のひとが見ているのか可視化してくれるサービスがあるのですが、数が増えてきたので少しばかり公開。個人的にはかなり興味深いですが、案外クライアントが少ない・・・ 教えてないからかというものあると思いますが、もしも見てるという方いらっしゃいましたらこっそり教えてください。

取材その後

日中ほぼまるまる使っての取材。取材先の雰囲気やイメージをつかむには十分すぎる時間だったかもしれないのですが、情報量が多いだけに整理もなかなか手強い。
中にいることでわかる本質もあれば、外から見ないとわからない本質もある。それを強く感じた一日でした。

街を歩けば・・・

バレンタインデーです。
ですが、今日も本屋行ってました・・・(笑)
デザインノートと広告批評を見ていて気になったアートディレクターがひとり。
長嶋りかこ(Rikako Nagashima) スパークリングホップのアートディレクション/デザインを手がけている彼女の作品がいくつかデザインノートでインタビューとともに掲載されています。
自分も早く追いつきたいものです・・・