広告営業力

先週の金曜日の夕方、仕事の資料を漁ろうと思い、本屋に立ち寄ったところ、
広告営業力」なる本を見つけた。
その本屋はあまり大きくない普通の本屋なのだが、タバコの種類が豊富で最近大手代理店が近くに引っ越してきたこともあり、広告や営業に関する本がすごく増え、かなり充実した品揃えになっている。
その広告営業力という本はクリエイティブエージェンシーの12人の営業職がホンネを語るというもの。クリエィティブ職、アート職と呼ばれている?自分たちとどのように視点が違うのか、どのようなスタンスで仕事をしているのか?といったことが知りたいと思い、手に取ってこの週末も読んでいました。
 まだあまり進んではいないのですが、普通にいわれている「営業」と違うところは一般の人の目に触れることの多い「広告」に関わる仕事だからということも一理あるかもしれないが、自らアイディアを出し、提案するというスタンスで仕事に接しているところ。さまざまな経験を進んですることで単なる「物売り」に成り下がらず、すごくクリエイティビティの高い仕事をしているという印象を持ちました。
こんな人たちと仕事をしてみたい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。