結婚式の2次会(の後)や懇親会?などで使えるモバイルサイト『プロシェ』

p3boxes

一言でいえば、電話番号交換ツール。
QRコードは使えるのに赤外線が使えない。ちょっと気取って連絡先を交換したいという人のために。というよりも思いついたので?作ってみました。

上記QRコードを取得した先にあるサイトで名前やフリガナ、メアドや電話番号を入力してボタンを押すとQRコードが出てきます。そのQRコードを気になる相手に読み取ってもらうと、なんとそのまま電話帳登録ができてしまいます。

入力された内容は個人情報保護、および漏洩防止の観点からデータベースに蓄積したりログとして書き出したりはしていないのでご安心を。

とりあえず、FOMAで試したところできたので、ほかのキャリアの方もしよろしければ動くか教えてください。

アドレスはhttp://p.3boxes.in/

仕事中の癒しは実はこれ

デザイン会社のサイトなどをいろいろ見ていたところ見つけた1ページ

そのページの下部には愛嬌のある彼がいる。最初は動画?と思ったけれど、

ustreamなのでライブ。

単調な動きのものを見ていると眠くなりますが、彼の愛嬌ある動きは脳を活性化させてくれる。

動物を飼うことに否定的だった私の心は揺れ動きます・・・

そういえば3年前はメダカを・・・

今日の早朝、ラジオで聴いたマイケル・ジャクソン氏のニュース。
数年後に生き返って出てきても普通に受け入れそうです。

Gmapをつかっていて地図が表示されないときの対処

覚書。

gmap_tips

さっきまでちゃんと見れていたのに急にコントロール部以外の地図そのものがみれなくなったときの原因がわかったのでとり急ぎ、メモ。

原因はCSSでGoogle Mapを読み込むdivの設定をdisplay:block, float:left,overflow:hiddenにしていたことが原因だったようでそれらをはずすと無事表示されるようになりました。

実は土曜日3年ぶりに自転車に乗りました

なんでもない、3年ぶりに自転車に乗っただけなのですが、その3年間の間まったく錆びずにタイヤを空気に入れると何事も無かったように動いてくれた自転車はさすが「国内メーカー。」と思いました。家の外で保管しているとそうも行かないと思いますが、家の中の一番乾燥する玄関に入れておいたので、動いてくれました。今年の夏は自転車かな。

次世代のブラウザーはウェブをどのように変えるか?

最新のブラウザはウェブの未来を担えるか–規格が今後の鍵に

上記の記事を読んでいると、ブラウザーによって変化し続けていたWebはいよいよ規格によって変わっていく新しいステップへと移ってきているようなそんな印象を受けました。

特定の企業が持っている技術に左右されるのではなく、様々な企業が使える「規格」を以下に便利に、早くツールの中に取り込みコンテンツに活かしていけるものになるかが、今後の生き残りを左右するファクターになるのかもしれない。

ブログやウィジェット、オンラインのオフィス統合ソフトといったものを日常的に使うようになり、今までローカルで管理していたデータをネットワークストレージに移管するようになった昨今、ブラウザーが担うべき用途は増え始めている。この記事を書くことでさえ、Wordやメモ帳、メーラーではなくオンラインの管理画面で書いている。そして書いた文章は自動保存されていく。

上記にあげた記事の中にはFlashについて言及されている部分もあり、今後はJavaScript+動画でのインタラクティブなコンテンツが今よりも自由度の高いものになっていくことになるかもしれない。FlashやSilverlightといったリッチコンテンツを目的としたものを使わなくても、HTMLやXMLベースのより、柔軟なコンテンツを創造できる日が来ることはそうとおくないのかもしれない。iPhoneやAndroidがFlashを実装しない今、リッチコンテンツは新たな形でしっかりと芽生えようとしている。

ついに地デジだけどMacで見れず。

STB(ケーブルテレビのチューナー)から出力されるアナログの出力にはコピーガード信号がはいっているため、Macにつないでいるキャプチャーボードでは表示できず、仕方なくディスプレイにHDMIで接続。アナログ放送は受信できるので地上波の録画はなんとかできそうな状態。

チャンネルが増え、BBCやAXNが見れるようになった。

ioPLAZA【Mac用地デジキャプチャBOX】

みなさんブログはMT派?それともWP派?(WebDesigning 2009/07)

2009年7月号のWebDesigningは
「一段上のCSSにするヒント」、
「WordPressを選ぶ理由」の2本立て。

私は4月から本格的にWordPressを使い始めているのですが、MTと比べ、インストールや設定が楽で、プラグインやテーマも豊富で何か困ったことがあれば、ネットで検索すれば解決できるところに惹かれ、何かCMSが必要なときはまず候補にあげるほど。

デザインや体裁の自由度はもちろん、それよりも投稿内容の管理やプラグインのインストールが数回クリックで可能なところなど、更新が手軽になっているので自然と更新頻度が上がり、それに準じてアクセスの数も増える。一石二鳥?

WebDesigningではMTからWPへの移行方法やお勧めのテーマ、著名サイトでの事例などが掲載されているので、気になっている方はぜひ手にとって見てください。

http://books.cdbk.net/review.php?p=B002C7UOIC

WordPress関連書籍