7インチタブのススメ

Amazonからギフトクーポンをもらったので俗に中華Padと言われているタブレットを手に入れました。

C360 2012 06 21 21 08 21

造船や車の分野でシェアを伸ばしているHYUNDAIの「A7HD」という7インチタブレット。

NewImage

日本ではあまり見かけないメーカーですが、カーナビなどのラインナップが多数ありました。

価格は1万円台半ばで1.5GHzのCPUと1Gメモリー、1024px/600pxのIPS液晶、そして薄型というコストパフォーマンスのいい機種で、日本の販売店が日本向けのIMEや表示に再設定してくれている場合が多いので、電源をつければすぐ日本語が使える状態でした。

実際使うときに問題になったのはGoogle Playストアなどでアプリを検索してもEvernoteなど使いたいアプリが出てこないところ。その解決法については後述。

なせ10インチじゃなくて7インチ?

最初、スタイラスで手描きが出来るGALAXY Noteなど5インチの端末が持ち歩きにもよいとおもって検討していたのですが、サイズが小さく、手描きには少し難あり、と思い7インチが選択肢にあがり、

  • 持ち運びやすいか?
  • USBからの充電はできるのか?
  • 製品としてのクオリティーは?

と言ったところを考え、いろいろ検索してみたところ、7インチのA7HDに行き着きました。

実際どうなの?

タブレットとして一般的なiPadやTransformer Primeと比べるとスペックは劣ってしまうものの、ブラウジングや動画再生がスムーズに行えました。タッチ操作もアプリケーションの不具合をのぞけば問題なく使え、ゲームは少し動きが鈍い印象でスピードがあるものは向かないようでした。

ウイルススキャンが出来るアプリを入れたところ、マルウェアが検出されたので、やはり、セキュリティアプリは必須、削除もそのままでは出来ない場合があるのでSuperUser権限で使えるファイルマネージャーアプリを用意したり、プレインストールされているアプリを消すと言った必要があり、最初に買うAndroid端末としてはあまり向かないと思われます。

手描きをタブレットでやろうとするとGALAXY Noteのような筆圧検知がないと現状のタッチパネルでは難しいところがあり、手描きでデザインラフを描いたり、何か絵を書くと言った方法を模索中です。

アプリのインストールがネック?

アプリケーションは元々はいっているアプリが台湾・中国向けのものが数個あるだけなので自分で個別にインストール必要があり、しかもGoogle Play上で対応していない端末となっているものが多数。EverNoteやGoogle Chromeを使いたかったものの、そのままでは使えずじまいでした。

買ったA7HDは既にroot化されていたのでSuperuser.apkをインストール後、別のスマートフォンからAppMonsterProを使い、インストールしたいapkをBackUps→DropBoxを経由してインストールしました。

それでもGPSがついていなかったり、SIMに対応していないので一部使えないアプリがあり、そういったアプリは諦めましたが、おおむね使える状態に出来ました。

自分の用途に合わせて選ぶ

たとえばMEDIAS TABは電話機能やワンセグ、おサイフケータイ機能がついていたりと非常に機能が豊富でやりたいことは一通り出来る。GALAXY TABは高速。中華Padはスペックは劣るものの安い。などメーカーによって種類も様々あるので自分がやりたいことが出来るのかという視点で品定めをして、なんとなくタブレットをと考えていると失敗してしまいます。

電子書籍のサービスやHuluなどのストリーミング配信サービスを利用することを前提にする場合は、各サービスの対応機種を見て出来るだけ最新のものを選ぶのがベストです。

自分なりの使い方を模索してるところなので便利な使い方などは後日。

  • Android+Dropadシリーズ+MID070S5ホワイト 「AndroidOS:2.2 CPU:samsung+PV210(cortex+A8) メモリー:512MB 内臓RAM:4GB 液晶:7インチ静電式タッチパネル+Bluetooth2.0搭載!タブレットPC」
  • Ampe+A90+9.7インチ+IPS液晶+Android+4.0+A10%2F1.2GHz
  • Android+アンドロイド+タブレットPC 「OS:2.2 ファームウェア:2.2 CPU:NEC+RENASAS+1GHz メモリー:512MB ハードディスク:4GB 液晶サイズ:7インチ静電式 Bluetoothあり」
  • RAMOS+W10+7インチ+Android+2.2+Cortex-A9+800MHz
  • 7インチ+Cortex-A9+Android4.0(ICS)+ZT280+C71
  • 【7インチ静電式マルチタッチ】【android2.2搭載】【タブレットPC】DREAM+BOOK【販売元通販ショップNETBAZAAR】
  • Android+アンドロイド+タブレットPC 「OS:2.2 CPU:Qualcomm+Snapdragon+ARM+Cortex+A8+800MHZ+メモリー:512MB ハードディスク:8GB 液晶:7吋静電式 SIMフリー&3G&Bluetooth:対応」
  • 7インチ+Ramos+W6HD+1GHz+512MB+Android+4.0+1024*600px+デュアルカメラ+2160p

linked by blog-tools

ガジェットの梅雨対策

関東も梅雨入りで湿気対策が必要な季節。

カバンに折り畳み傘を入れることが多いので今年はシリカゲルを用意しました。

  • エツミ+乾燥材+プレミアムカラット+E-5121

linked by blog-tools

この商品は繰り返し使えるというのが売りで、そのまま天日干しか袋から取り出して電子レンジで温めることでまた使うことができるようになるというもの。

これと密閉ができる袋やケースがあれば結露や湿気からガジェットなどを守ることができます。

自分の場合は普段は密閉できるケースに入れておき、つかうときだけケースを開けて除湿できるようにしています。

見た目は大丈夫でも中が結露してしまったりするとショートする原因になったりもするので、なるべく乾燥したところで保管するようにしたいですね。

  • エツミ+乾燥材+プレミアムカラット+E-5121
  • FUJIFILM+SST-01+シリカゲルセット
  • BRNO+乾燥剤+ドライプラスキャップ専用乾燥剤+BR-7422
  • シリカゲル青 500g
  • ケンコー・トキナー+ケンコー+防湿用強力乾燥剤+ドライフレッシュ+40g入り3個セット+DF-FK403+087221
  • エツミ+防湿乾燥剤カラット(3袋セット)+E-5084カラツトカンソウザイ3P

linked by blog-tools

初、高幡不動

NewImage

土曜日に高幡不動へ紫陽花を見に行って来ました。

7500株のあじさいということで期待したものの、まだ三分咲き。

とは言え、ヤマアジサイなど珍しい紫陽花が多数あり、なかなか風情のある梅雨の日でした。

 

 

[ HTML5 / CSS3 ] Xperia系のCSS3バグのメモ

国内向けのグローバルモデルでないSony mobileのXperiaにてバグがあったのでメモ。

100%指定しているブロック要素の中において、
width/heightを指定した状態でmax-width/max-heightの指定をするとmax-~の設定が優先されてしまうバグ。
 
縦横比は変えずに一定のサイズを指定し、そこにはまらない場合は同じ比率のままで拡縮する、といった設定をしようとすると、比率が崩れ、どちらかが伸びた状態になってしまいます。
 
本来、縦長でも横長でも、ある程度のサイズ補完を行おうとするとデフォルトはブロック要素内でautoを指定するようなことがあるのですが、それができないという、結構痛いバグ。

スケジュールとタスク管理をスマホ&PCでペーパーレス+ディレクションのタスク管理

2012 06 03 22 08

最近紙に書いても結局やぶって捨ててしまうので最近ペンの代わりにスタイラスを持ってペーパーレスに。

Google Calendar + Toodledo & Pocket Informantで集中管理

スケジュールもタスクが最近増えてきたのでGoogle Calendar + Toodledo & Pocket Informantで集中管理するようになりました。

以前は手帳メインでリマインダーにGoogle Calendarを使っていたのですが、今は完全にスケジュールはGoogle Calendar、タスク管理をToodledoにして、スマートフォンで閲覧するためにPocket Informantを使っています。

アプリやサービスを導入しただけでは実際の仕事ややるべきことが整理される訳ではないので、自分なりにルールを作ってそれをルーチンでやるを徹底することにしました。

  1. 3週間分のスケジュールを把握する。
  2. 毎週(毎回)やることをリピートでタスクに入れる。
  3. タスクはやり始め(準備)・確認・完了の期日にわけて登録。

これらを実行することで何をするか迷うことや時間が何となく足りないと行ったことがなくなり、自分の全体の仕事量やスケジュール感がつかめるようになりました。

タスクをチェックしても遅れる場合はタスク内容をより細かくわける

なんとなくタスクを並べて仕事をしているだけで「仕事が決めた期日までに終わらない」が続いてしまう人はタスク内容を細かく区切り、タスクごとにかかる時間をまず理解してその時間に合わせたスケジュールを組むことをお勧めします。

「これはこのぐらいの時間でやりたい」という期日で決めてしまうと、結局遅くなってしまうことがあるので実際にかかる時間を目安に期日は決め、その後、どうやって「はやくするか」を考えるようにしないと、いつまでも非効率なまま時間だけが過ぎていきます。

ディレクション、進行管理をする場合は相手が理解できるようにすることに重点を置く

「依頼しないといけないことが出来たから」、「頼んだものがまだ出来上がらないから」と相手に押し付けたかたちで仕事を依頼すると見当違いのものが出来上がったり、予想以上に期日を過ぎてしまうことが出てくるので、何かプロジェクトのディレクションをする場合は、

  1. プロジェクト全体でどのぐらいの工数(タスク)・時間がかかるのか概算でまず出す。
  2. 実際にスケジュール・タスクを進行する中で依頼しないといけない事柄を抜き出し、あらかじめ担当に伝える。
  3. 進行中、スケジュール・タスクを見てずれると予想できる場合はその場でスケジュールを立て直す。

自分はそれら3点を気をつけて仕事を行うようにしています。

何度も同じ仕事をしている中であれば急な依頼でもいい仕事をしてくれる人はたくさんいると思うのですが、多くの場合、意図が分からない仕事を急に依頼されても、こちらの思い通りに仕事が進むことはないので、何か依頼することが必要になりそうになったときにあらかじめ伝える。つまりは「報告・連絡・相談」が要です。

どんなに便利なツールを使ってもスケジュール、タスクの管理はどうやって進行するかが要。ツールを導入する前に、手帳の種類をかえる前に、まずは自分のやり方を見直し、どうやって解決していくかを決めないことには何も変わらないのでツールの効果は期待できません。

結局のところ、自分がスケジュールタスク管理を電子化してよかったと思うところは、手帳を使わない分のスペースが空いたこととスケジュール管理をするもの(手帳やタスクシート)を忘れなくなったこと。管理面でのメリットと言えば、やり直しとルーチンワークの予定の複製が容易なこととスマートフォンさえ持ち歩いていればすぐ確認できるところ・・・ぐらい?