洒落たiPhone5 バンパーケース&カバーなど

iPhone5の発売前から量販店の店頭に並んでいたバンパーケースやカバー。様々な種類はあるけれど、いまいち洗練されたものが見つからない・・・のでAmazonで調べて見ました。

SGPのバンパーケース

  • SPIGEN+SGP+iPhone5ケース+ネオ・ハイブリッド+EX+ビビッドシリーズ+[レベントン・イエロー]+【SGP09518】
  • SPIGEN+SGP+iPhone5ケース+ネオ・ハイブリッド+EX+スノーシリーズ+[サテンシルバー]+【SGP09519】
  • SPIGEN+SGP+iPhone5ケース+ネオ・ハイブリッド+EX+ビビッドシリーズ+[ソウル・ブラック]+【SGP09520】
  • SPIGEN+SGP+iPhone5ケース+ネオ・ハイブリッド+EX+スノーシリーズ+[インフィニティ・ホワイト]+【SGP09517】

linked by blog-tools

今、一番おすすめのバンパーケース。iPhone4s用ではバンパー部分が別途オプション購入できるので気分によって付け替えたりといったことが出来るので、iPhone5でも同じようになることを期待。載せているもの以外にもいくつか種類が既に出ています。

強化ガラスフィルム

  • SPIGEN+SGP+iPhone5+シュタインハイル+GLAS.t+プレミアム+リアル+スクリーン+プロテクター+《強化ガラス液晶保護フィルム》+【SGP09435】
  • SGP+iPhone5+GLAS.tR+Premium+Tempered+Glass+【強化ガラス製液晶保護+】for+iPhone+5

一般的なフィルムとは違い、強化ガラスを使っているタイプで、落下時の衝撃などをフィルム側で吸収し、本体ガラスの破損を防いだりといった効果が期待できます。

また、ガラスなので操作感もフィルムと比べ格段によくなります。

アルミバンパータイプ

  • Gild+design+【iPhone5対応アルミバンパー】+ソリッドバンパー+for+iPhone5+ピンク+GI-222PI

linked by blog-tools

Gild Designのバンパーケース。知る人ぞ知る、プレミアム感漂うバンパー。アルミで出来ているのでiPhone5本体を確実にプロテクトしてくれます。

SENAのケース

  • SENA+Hampton+Flip+for+Apple+iPhone+5+-+Black

linked by blog-tools

iPodの時代から定評のあるSENAのiPhone5ケース。価格もそれなりですが、ハンドメイドでカードも数枚はいるので、ビジネスシーンなどでも一際目立つ存在に。

グラフィックの映えたケース

  • CollaBorn+iPhone5専用スマートフォンケース+Mad+USA+【iPhone5対応】+OS-I5-237
  • CollaBorn+iPhone5専用スマートフォンケース+Numberplate[Hawaii]+【iPhone5対応】+OS-I5-239
  • CollaBorn+iPhone5専用スマートフォンケース+Juicy+Ribbon+【iPhone5対応】+OS-I5-054
  • CollaBorn+iPhone5専用スマートフォンケース+Rockabye+【iPhone5対応】+OS-I5-229
  • CollaBorn+iPhone5専用スマートフォンケース+Skull+Roses+【iPhone5対応】+OS-I5-289
  • CollaBorn+iPhone5専用スマートフォンケース+Sturgis+Cruisers+【iPhone5対応】+OS-I5-254
  • CollaBorn+iPhone5専用スマートフォンケース+神奈川沖浪裏+【iPhone5対応】+CB-I5-005
  • CollaBorn+iPhone5専用スマートフォンケース+Life+on+the+beach+【iPhone5対応】+OS-I5-202
  • CollaBorn+iPhone5専用スマートフォンケース+Tree+genus+Tilia_Aqua+【iPhone5対応】+OS-I5-084

linked by blog-tools

名画やペイズリーなどデザイン製の高いケース。

その他、年末にかけて増えると思うのでそのときにまた更新します。

ドコモでiPhone5の使用感とAndroidからの移行

約1週間使ってみての使用感。

都内で使ってみての感想になりますが、電波の状態はほかのドコモ端末を使っていたときと同じでiPhoneだから繋がりやすい、繋がりにくいといったことはなく、いつも通りの回線&速度でした。Xiで10Mbps前後でした。

グラフィック周りなど

画質はきれいです。今回は汎用のフィルムではなく、強化ガラスを使っていることもあるのですが、鮮明な色味なのに加えて、iPod touch 4Gなどよりも処理速度が速いため、グラフィックなども動き、色味ともにかなりよくなっていました。

電話やメッセージ機能なども普通に使える

XiのXiカケホーダイやSMSも普通に使えます。@docomo.ne.jpについてはドコモのパソコンでも使えるプランに加入することでメールアプリなどで受信できるように設定できるようになります。以前使っていたAndroid端末と同じ連絡先情報を使うには設定→メール/連絡先/カレンダー→アカウント追加 から「Microsoft Exchange」を選択して追加することができ、その際のサーバーはm.google.comになります。

留守番電話については電話アプリの項目に対応していないため、自分の場合は連絡先などに留守番電話(1417)を追加することでSiriなどに対応させています。

その他、気づいたところなど・・・

まだ、あまりいいケースなどがない

  • SPIGEN+SGP+iPhone5+シュタインハイル+GLAS.tR+プレミアム+リアル+スクリーン+プロテクター+《強化ガラス液晶保護フィルム》+【SGP09548】
  • SPIGEN+SGP+iPhone5+スキンガード+[カーボン・ブラック]+【SGP09571】
  • SGP+iPhone5+ケース+ネオ・ハイブリッド+EX+メタル+シリーズ+前面・裏面液晶保護フイルム付+for+iphone5+(メタル+スレート)
  • SPIGEN+SGP+アルミニウム+ホームボタン+for+iPhone+%26+iPad+【SGP09631】

linked by blog-tools

今のところ、フィルムの代わりにSGPのGLAStR、背面にカーボンスキンとハイブリットバンパー、アルミ製ホームボタンにしています。

IMG 20121202 011549IMG 20121202 011731IMG 20121202 011638

グラフィカルなカバーやサプライメーカーのものが数多くあるものの、SGP含め、中〜高価格帯のブランドはこれから商品が増えていくようです。

今まではフィルムをよく使っていたのですが、本体の価格がパソコン戸同じぐらいということもあり、強化ガラス+背面のデザインも活かしたいのでバンパーという状態。ガラスで分厚くなるところをアルミ製のホームボタンで補っています。

K391NCのレビュー

  • AKG+ノイズキャンセリング搭載ダイナミック密閉型カナルイヤホン+K391NC

linked by blog-tools

ノイズキャンセリングイヤホンK391NCのレビュー。

完全密閉型でイヤホンのハウジング内部にあるマイクをつかったタイプのノイズキャンセリングヘッドホンで電源スイッチを入れないでパッシブ状態の仕様も可能。

パッシブ状態は押しが強くなく、Appleのカナル型イヤホンに近い音質。一方の電源を入れたほうはパッシブ→アクティブの差がわかりやすい、メリハリのしっかりした音質にかわります。

今までのK340やK350とは違う、より音の際立つ仕上がりになっています。

見た目コンパクトに収まっているのですが、遮音性が高いので移動中の使用はお勧めできないものの、軽いので仕事中など集中したいときなどに活用できるイヤホンではないでしょうか?

docomoでiPhone5にしてみました。

  • Apple+アップル+iPhone+5+【64GB】【ブラック%2F黒%2FBlack】【海外版%2F香港版%2FSIMフリー%2F新品%2F正規品%2F純正品%2F変換アダプタ付】[並行輸入品]

linked by blog-tools

 

NewImage

実に5年越しのiPhone。

iPhone4sをドコモ回線で使う人たちが出始め、iPhone5が発表されたときにはNano-SIMというdocomoにないSIMでいつの日か… と思っていたら今月、あっさりとリリースされたので、自分のご褒美にということで?  iPhone5にしました。

渋谷のドコモショップに端末を持っていき、NanoUIMへの変更とmopera(ネットプロバイダ)の加入手続き。

運良くラスト1のNanoUIMがあり、10分程まって手続き開始。

まず、NanoUIMの設定をしてもらい、端末に入れ電源を入れる。その後Wifiにつなぎ、アクティベートもすんなりと済み、設定→一般→モバイルデータ通信→モバイルデータ通信ネットーワークのAPNに「mopera.net」に設定することでデータ通信もすんなり可能になります。これにてdocomo向け設定は完了。

Xi回線に対応させるため、帰宅後、こちらを参考にXiで通信できるようにしてみました。

NewImage

後述になりますが、以前使っていたGalaxy SIIIにNanoSIM/MicroSIMアダプターを使いさしてみたところ、普通に繋がったので、いざという時のためにドコモ端末も使える状態をキープしています。

 

  • 【最新型ジャパエモ(JAPAEMO)製】iPhone5+nanoSIMをmicroSIMに変換するアダプタ+ホワイト+1タイプ+リリースピン ナノSIMカード+for Apple+4S/4+変換アダプターセット+nano白
  • Nano+SIM+MicroSIM+カード+変換アダプタ+3点セット+iPhone5%2F4S%2F4対応 Nano+SIMアダプター【NanoSIM→MicroSIM・NanoSIM→通常SIM・MicroSIM→通常SIMに変換可能なアダプタの3点セット】
  • nanoSIM+アダプター
  • 3種類セット/NanoSIMからmicroSIM、SIMカードへの変換アダプター+iPhone4%2F4S+各種SIM対応