iPhone 6 plusの仕事活用法

iPhone6 plusに対応したアプリもだいぶ増え、使い方にも慣れてきたので、自分が行っている仕事での使い方をまとめました。

 

仕事のタスク・プロジェクト管理はOmni focusで

スケジュールはGoogle Calendarがメインなのですが、仕事の案件ベースでの管理をテキストベースでやると管理が大変になってきたのでOmni focusを導入しました。

メインはMac版を使い、iOS版のリマインダーと連携させるとタスクごとに入力しやすくなるので、入力はその都度iPhoneで行うことが多いです。外出中や移動中、打ち合わせ中もパソコンがない場合も管理・入力ができるのでかなり重宝しています。期限や期間なども明確にでき、使い方も調べるといろいろ載っているのでオススメです。

 

モレスキン+Adobe Shape / Moleskine〜でスケッチをデジタルデータに

 一昔前はラフからデザインに起こす時、スキャナでスキャンしてイラストレータなどでトレースしていたのですが、今はいろいろ進化して、紙に書いたものを直接iOSアプリ、Moleskine Adobe Creative Cloud connectedやAdobe Shapeなどで取り込み、SVGやペジェデータに変換、Creative Cloudに送り、そのままデジタルデータとして仕事に使えるような仕組みができているので、仕事の効率化がかなり図れるようになりました。

Creative Cloudを使っている方は対応したiOSアプリを無料で使えるので一度試してみるといいと思います。個人的には手書きからサイトやアプリのモックアップ/そのままデジタルデータにできるものがあるといいなと思っています。

 

Parallels Accessで外出先からiPhone / iPadを使ってMacにアクセスできる環境が整う

実用的かどうかというとそれほど大事ではないですが、データがMacにあり、それを送る必要があるときなど、痒い所に手が届くツールになってくれるParallels Access。ParallelsというとMac上でWindowsやLinuxを動かすようなときに使うParallels Desktopが有名ですが、VNCのようにリモートデスクトップの用途で使えるParalles Accessは試用期間が1週間〜1ヶ月、年間使用料2,000円程度使え、Macなどをネットにつないだ状態にしておけば外出先からなどでも簡単にアクセスでいる環境を持つことができます。

どれぐらい使えるかというと、Photoshopで画像の編集は難しく、メールは簡単、といった具合です。

PENTAX Q7を持って深大寺へ

from instagram/cdbk
Instagram Image

1年ほど使っていた PENTAX Q10から、Q7へスイッチしたので試し撮りを兼ねて深大寺へ行ってきました。

神代植物公園も正門付近は人が多かったので、深大寺側のところから森周辺を散歩しつつ、撮影。

今回はEye-fi mobiというネットと直接ではなく、スマホ経由で写真をアップロードするものを使ったので、Q7→iPhone6 plus→Instagram or Flickrという流れでいくつかポストしました。

#秋 #森 #紅葉

フォーカスの時間が短いことと、多少広角になるメリットはかなり大事なものとわかりました。

今までのレンズもそのまま使えるので、もう少し色づいてから井の頭公園にまた行こうかなと考えています。

その他の写真はFlickrにて

今週 November 3rd

generic (feed #11)
Shared fladdict.
generic (feed #11)
generic (feed #11)
generic (feed #11)
generic (feed #11)
generic (feed #11)
Shared Kiwi-slider.
generic (feed #11)
generic (feed #11)
generic (feed #11)
generic (feed #11)
generic (feed #11)
generic (feed #11)
generic (feed #11)
generic (feed #11)
generic (feed #11)
generic (feed #11)
generic (feed #11)
generic (feed #11)
generic (feed #11)
generic (feed #11)
generic (feed #11)
generic (feed #11)
generic (feed #11)
generic (feed #11)
generic (feed #11)
generic (feed #11)

iPhone6 plus / Macでハイレゾを楽しむ方法

15681003302 0fdcd95a59 z

ウォークマンなどではもう標準で対応している高音質なハイレゾ音源をiPhoneでも楽しむためにハイレゾ対応のポータブルヘッドフォンアンプと再生用アプリを使い始めました。

ヘッドフォンアンプは持ち運びしやすくてリモコンにもなるDeff soundのDDA-LA20RC、音楽再生アプリはオンキヨーのHF Player、音源はオンキヨーのサイトから購入。

音質は普通のiTunes storeで買ったものも良い音で再生でき、 ハイレゾ音源はさらに高解像度な音。ビートのピッチや距離感がより繊細になり効果ありといったところ。

ただ、ヘッドフォンや音源によっては多少荒くなるものもあったので、音源のクオリティやヘッドフォンの対応音域、出力に左右されるのかなと感じました。

iPhoneとの接続はLightning端子でそこからステレオミニジャックのヘッドフォン。使用中はLightningプラグが使えないので注意。

ポータブルのヘッドフォンアンプは場所に左右されず旅行中なども使えるのでオススメです。

ハイレゾ音源がiPhoneでは直接買えず、パソコンなどを介して購入→保存→iPhoneへ転送というフローを踏まないと使えないのでその辺りがもっと使いやすくなるともっと手軽になるかな?

MacやAndroidでも使えるのでMacで試してみたところ、BitPerfectと併用で標準のオーディオジャックとは比べ物にならない音質になり驚きました。

Macで使う際はmicrousb・usbのケーブルが別途必要になります。

その他、付属のケーブル以外ではApple社製のLightning – USBケーブル(カメラ用)とMicroUSBケーブルでつないで動作することもわかったのですが、ちゃんとしたmicrousbケーブルじゃないとダメなようで単純な充電用のものでは動作しないケーブルが複数ありました。