ワイヤレスヘッドホンアンプ AT-PHA50BTのレビュー

 

 普段はSONYのSBH50を使っていて、その前はオーディオテクニカのAT-PHA05BTを使っていて、今回はAT-PHA50BTをレビュー。

再生機器はiPhone 6plus / ONKYO HF Player , UBiO / AKG IP2 , Q350 , K181DJ , CREATIVE Aurvana In-Ear3

SBH50を使うメリットはFMチューナーが内蔵されていて、充電中の使用もできるところ。AT-PHA05BTと音を比べるとちょっと物足りない印象なのですが、移動中はあまり気にならないので使っています。

AT-PHA50BTが今まで使っていたものと違うところは音圧。AACコーディックに対応しているのもあるかもしれませんが、出力が50mW x2と大きいのでAT-PHA05BTではちょっと物足りなかったり、オーバーヘッドホンタイプのヘッドホンで音量が満足に得られなかった方にはちょうどいい製品かもしれません。

個人的にはIP2で試聴していてベース音でハウジングがなっているの直に耳で感じられたので満足していて、EDMやDrum’n Bassを聴くのが楽しいです。あとiPhoneのステータスバーに電池残量も出るので充電切れしたあと気づくようなこともなくなりそうです。

最近ハイレゾ音源を聴くようになって昔エンコードしたMP3音源で物足りなさを感じるのでもう一度CDからリッピングし直そうか考え中。

ヘッドホンアンプ、AT-PHA31iをiPhone5につなげる

  • audio-technica+iPod%2Fi+Phone専用ポータブルヘッドホンアンプ++AT-PHA31i+BK

linked by blog-tools

iPhone、iPod touchが2012年版からドックコネクターをLightingに変更したため、お蔵入りしてしまったかに見えたオーディオテクニカの「AT-PHA31i」なのですが、ドックコネクター→Lightningの辺案コネクターを使って繋ぐと普通に使うことが出来ました。

Bluetoothオーディオレシーバーの『AT-PHA05BT』と比べると少し迫力の出る印象でアクティブ形式よりもパッシブ形式のヘッドホンとの相性が良さそうでした。

カバーをつけると30pinのコネクターが使えない場合があるので外では使いにくいですが、家で使う分には問題なしなので、持っている方は一度試してみてはどうでしょう?

  • audio-technica+iPod%2Fi+Phone専用ポータブルヘッドホンアンプ++AT-PHA31i+BK
  • Lightning+30ピンアダプタ+-iPhone4からiphone5へ変換コネクタ+充電器+充電アダプター+8pin+Lightning+DOCK+iphone5+iPad+mini+iPod+も
  • 【+AYRAN+さらに余裕の+20cm+%2B4cm+】+iPhone+5+iPad+mini+iPod+用+8pin+Lightning+to+30pin+充電&データ転送+24cm+変換ケーブル+30pin⇒8pin+完全交換保証
  • audio-technica+ヘッドホンアンプ内蔵+ワイヤレス(Bluetooth)ステレオレシーバー+AT-PHA05BT
  • 【並行輸入品】AKG+アーカーゲー+K390NC+Noise+Cancelling+ノイズキャンセリング+In-Ear+Headphone+ヘッドフォン+with+Inline+Microphone+(Black)
  • AKG+ノイズキャンセリング搭載ダイナミック密閉型カナルイヤホン+K391NC

linked by blog-tools

デザイン性の高いiPhone4 iPod touch対応のイヤホン、インナーイヤヘッドホン

jailbreakの情報もそろそろ書けそうな感じなのですが、
前回のスピーカーに続き、今回はデザイン性も高いイヤホン、インナーイヤーヘッドホンを紹介。

Apple In-ear Headphones with Remote and Mic

白いイヤホンといえば純正イヤホン。こちらはインナーイヤータイプでしかも内部の出力がデュアルの高性能なイヤホン。
他社製のものと比べると重低音は弱いですが、コストパフォーマンスはなかなかのもの。リモコンとマイクも付いているのでこれで通話も可能。

v-moda マイク付きカナルイヤホン vibe duo

金属製のイヤホン。ジェットエンジンをモチーフにデザインされたこのイヤホンは金属製の特性が音質にも現れているモデルで、ロックやエレクトロニカなどに最適ないわゆるドンシャリ系に強いイヤホン。

AKG K370SILVERBLACK

オーストリアの名門オーディオメーカー、AKGのiPhone向けマイク付きインナーイヤーヘッドホン。
音域の広さとバランスの良さが特徴。

Klipsch イヤホン Image X5

最近日本でも目にする機会が増えたKlipchのイヤホン。スマートなデザインが特徴的。アルミ製なので音の立ち上がりがいい?

A8 Earphones

デザインと音質を両立させたプロダクトといえばこれを指す人も多い、A8。
こちらはマイク&リモコンは付いていませんが、正規代理店ではiPhone対応のものも。

audio-technica iPod専用ポータブルヘッドホンアンプ

iPhoneやiPod向けのポータブルヘッドホンアンプ。電源も本体から供給なのでバッテリーを用意する必要もなく、手軽に音質を良くすることができます。しかし、使うイヤホンによっては個性が出すぎることもあり?

ちなみに自分はAKG K340と上のヘッドホンアンプ、もしくはSONYのBluetoothオーディオレシーバーを使っています。

飾らないシンプルなヘッドホン BANG & OLUFSEN form 2


インナーイヤタイプを良く使っているものの、さすがに長時間つけているのは辛い。とはいえ、密閉型の重いヘッドホンもつらい。となると比較的軽いオープンエア型のヘッドホンが選択肢にでる。

モダンでそして機能美を追求したデザイン、そして癖のない音を奏でてくれるヘッドホンがBANG & OLUFSENのform 2。

毎年毎年マイナーチェンジを続ける製品が多い中、リリース後デザインを変えず、20年あり続けるform 2。

高級オーディオメーカーでありながら、値段相応ではあるものの、この品のあるデザインと癖のない音は、あさに聞き逃せないヘッドホン。

MoMAstore

FiiO E5手のひらサイズのヘッドホンアンプ

バッテリー内蔵型の小さなヘッドホンアンプ。

価格は4000円以下で手に取りやすい価格。

コントロールできるのは電源、音量、ベースブートのみというシンプルな設計で給電はmini USB端子、クリップがついているのでiPodなどのオーディオプレーヤーとヘッドホン、イヤホンとの間にリモコンのようにつけることもできる。

肝心な音質は、値段相応?といったところ。今のヘッドホンじゃ何か物足りないという場合にいい効果をもたらしてくれるだろうといったところ。

実際、音楽をというよりもPSPやDSなどのゲーム機で使った方が効果は絶大で音の迫力が出ました。

他社製品の情報としてはオーディオテクニカが年末から初春にかけてヘッドホンアンプ関連の製品を出すので、そちらも気になります。
AT-PHA30iのレビューはこちら

とはいえFiiO、実は中国のメーカー。製品の精度は国内のものとさほど変わらない。いよいよ本格的に中国勢の日本進出?

[追記]もう少しいい音でと言う人にはドックコネクターに直接FiiO E5を繋げて聴くことをお勧めします。
そのための製品はaudiotrakの「AT-iap1」。