iPhone5で全国のラジオを聴く方法

iPhone向けのアプリにradikoがありますが、そのままでは今いる地域の許可された放送しか聴くことが出来ません。

Androidではrajikoというアプリがあるので全国各地のAM/FMが聴けるのですがiOS向けには用意されていないので、iPhoneで全国のAM/FMを聴く方法をご紹介。

LISMOWAVE

有料でauのIDの取得が必要になりますが、一番楽に聴くことが出来る方法のひとつで、同じアカウントで複数の端末で使うことが出来るのでAndroidやJCNのスマートテレビ用STBなどを使っている人におすすめです。

JailbreakしてLocationHolic + radiko

(こちらは脱獄が必要なので自己責任にて)

CydiaストアにあるLocationHolicを使いGPS座標をフェイクで設定した上でradikoを使う方法です。

フェイクで設定できるのは便利なのですが、盗難にあってiPhoneを探すアプリを使っても本当の場所が分からなくなったりするので、必要ないときは設定をきっておくのが懸命です。

iPhone5でFMラジオを聴く方法

iPhone5でもラジオが聴きたいという場合、radikoというアプリを使いストリーミンング配信されているラジオを聴くことも出来るが、パケット通信をし続けてしまうので、別の方法をというときのためのメモ。

おすすめはFMチューナー内蔵のBluetoothのオーディオアダプタを使う方法で何度も紹介しているソニーのMW600。

  • SONY+ソニーエリクソン+Bluetoothワイヤレスヘッドセットマイク付き++ブラック+MW600%2FB

linked by blog-tools

イヤホンジャックに自分の好みのヘッドホンをさせるところやbluetoothのため、iPhone5に直接線でつながないので横にしたときコードがあたってゲームがし辛くなったり、ポケットに入れにくくなったりといったこともないといったメリットもあります。

そして通話ボタンを通常で押すとSiriが使えるところも◎。

Galaxy S3やiPod touchなどでも使えるので複数のスマートフォンを使う人にもおすすめです。

  • SONY+ソニーエリクソン+Bluetoothワイヤレスヘッドセットマイク付き++ブラック+MW600%2FB
  • SONY+ソニーモバイル+スマートワイヤレスステレオヘッドセット+MW1
  • SONY+ソニーエリクソン+MW600%2FW+Bluetooth+ワイヤレスヘッドセット・マイク付き(ホワイト)+輸入版

linked by blog-tools

iPod touchでFMラジオを聴く。


iPod nanoで使えてiPod touchに内蔵されていないFMラジオ。それを本体で聴く方法。

1. Wifi・WiMAX経由でradiko.jp
2. Bluetoothのオーディオレシーバーに内蔵されているFMチューナーを使う。
3. パソコンで留守録したファイルを取り込んで聴く。
4. パソコン+AirPhones+radiko or USB FMラジオチューナー

1. Wifi・WiMAX経由でradiko.jp
Wifiがないと使えないデメリットはあっても、公衆無線LANサービスなどを利用して聴ける方法の一つ。WiMAXのモバイルルータを使えば月4000円弱でiPod touchやPCをつなぎ放題にできます。NECのWM3500Rで稼働時間約8時間。MicroUSB経由で電力供給できるのでエネループなどあれば丸一日電源を気にすること無く使えます。

大人気!DTIのWiMAXプラン登場!

2. Bluetoothのオーディオレシーバーに内蔵されているFMチューナーを使う。
MW600/Bなど、FMチューナーが内蔵されたオーディオレシーバーを使えば可聴地域内のFMを聴くことができる。iPod touchに新たにアプリなどを使う必要がなく、Wifiの接続も必要なし。

3. パソコンで留守録したファイルを取り込んで聴く。
USB接続のチューナーから録音されたファイルを取り込んで聴く方法。リアルタイムではないものの、スケジュール設定をして録音した番組などを聴くことが出来る。

4. パソコン+AirPhones+radiko or USB FMラジオチューナー
パソコンのサウンド出力をiPhoneやiPad、iPod touchに設定できるAirPhonesを使ってパソコンで流しているラジオを聞く方法。
Wifiを使っているところでしか使えないけれど、同じWifiのネットワーク内であれば、多少離れていても聴くことが出来る。

いつかは本体が対応してくれる時が来るんだろうか。。。。

  • サンワダイレクト+Bluetoothヘッドセット+音楽&通話対応+両耳ステレオ+MP3+FMラジオ+対応+GBH-S400
  • 高級オーディオ チボリ+PALBTGR+★ Bluetooth対応 ポータブルAM・FMラジオ +グロスレッド%2Fホワイト 【並行輸入】
  • Hanwha+%2F+apt-X対応+光デジタル出力搭載+Bluetooth+オーディオ+レシーバー+[Bluetooth3.0][TOSLINK][受信機][ブルートゥース]+UMA-BTMR
  • Creative+ZEN+Style+M300+4GB+ホワイト+ZN-SM34G-WT
  • 【aptX対応+Bluetooth搭載】+Creative+ZEN+X-Fi3+8GB+ZN-XF38G-GY
  • harman+kardon+Bluetoothワイヤレスオーディオアダプター+BTA-10

linked by blog-tools


パソコンでブラウザーでAM/FMラジオを聴く

IPサイマル放送が15日からいよいよ試験放送が本格的に始まる。

アドレスは「http://www.radiko.jp/

学生の頃は聴いていたけれど、今は聴いていないという人や若い人の中にはラジオの聴き方、チャンネルを合わせる方法を知らない人がいる現代。ラジオの改革が始まっています。

IPサイマルなのでプロキシ使えばもしかすると在阪局のものを聴けたりするのでしょうか?

録音したい方にオススメなのがradioSHARK2

iPhoneやiPod touchでFMラジオを聴けるレシーバー

どこかが出してくれると思っていたFMラジオ内蔵のBluetoothのオーディオレシーバー。

ウォークマンと同系の合わせたカラーで有機ELの画面が見やすそうなリモコン型のレシーバー。

rajikoのおかげでWifiやインターネットにつながれば聴けるようになったものの国内の殆どでまだ対応していない地域や局が多く、まだまだチューナー内蔵型ガジェットの出番は続く。

ラジオの製品は輸入品の場合、日本の周波数帯にセッティングできないものもあるので事前に確認は必須。

追加記事

以前からあるiPodで聴くためのガジェットといえばこれ

最新機種はアプリをiPhone,iPod touchにインストールして使えるようになっている。

AmazonでiFM FM radio on your iPhone or iPod
を検索

ネットラジオのもう一つの方法「KeyHoleTV」

来月から、在京・在阪のAM/FM局で放送のネット配信が始まる。
地区での制限はあるものの、ラジオを必要としない、パソコンで聴けるラジオ放送が実現する。

それとは別に「KeyHoleTV」というソフトを介して一部のラジオやテレビを視聴することができる。
現段階ではナローバンドでの対応なので音質や画質に多少何ありだが、技術的には地デジを上回るスペックを持っているらしい。

こちらは東京にいながら京都のFMを聴いたりと行ったことができ、また著作権を侵害しない限りは自ら配信することもできる。近頃流行のUstreamのように手軽にとは行かないかもしれないが、今後新しい放送チャネルとして期待できそうな予感。

近々iPhone版が出るとかでないとか・・・

実は地デジの放送が数秒遅れて配信されていることについてここでは詳細は語らない。

WindowsでRadioShark2(FMラジオ)

日曜日、時間もあったので購入時そのままでは使えないRadioShark2をWindowsで使えないものかと検索。するとすぐ出てきた便利なツール「Control Shark2」。
これはRadioShark2をコントロールするツール(名前そのままか)周波数やLEDの色を選択することができます。しかし、それだけでは再生できないので別途、ライン入力を再生できるソフトウェアなどを使い、入力デバイスを選択する必要があります。
自分は昔使っていたシーケンシャルソフトでとりあえず聴いています。
楽天で「radio SHARK」を検索
再生できそうなソフトはGoogleで検索。
Zen Stoneに続き、液晶+FM+ボイスレコーダーの機能を増やしたZen Stone Plus。
ほぼ同じサイズで容量は2倍。イコライザー機能もあり小さいながら欲しい機能をすべて盛り込んだMp3・WMAプレーヤー。単体でFMを録音することもできるらしい・・・

楽天でZen Store Plusを検索

PCでラジオを聴く

前まではオーディオアンプからパソコンに繋いでラジオを聴いたりしていたのですが、最近Mac/PC用のUSB接続のチューナーを見つけ、GW早々買ってつかっています。
radio SHARK2という鮫の背びれの形をした高さ20cmほどのものでGriffinというiPodなどの周辺機器をリリースしているブランドのもので日本ではビザビとキットカットという大津にあるMacのショップが販売しています。
早速楽天で「radio SHARK」を検索
使うにはドライバー+ソフトウェアをインストールする必要はありますが、インストールして繋ぐ→ソフトの起動で普通に聴けます。ただし国内帯域はMacのみの対応。MacBookのWindows上ではなぜか動きません…
インストールする際には最新のドライバーをGriffinの公式サイトからダウンロードすることをおすすめします。
音質はオーディオアンプに内蔵されているものと比べると少し劣る部分はあるのですが、オールインワンのコンポなどと比べるとやはりいい音でiTunesなどと同じようにEQもついています。
保存形式はAACもしくはAIFF。ソフトウェアの他、ウィジェットも付属。
また、このradio SHARK2は便利なツールがついていてデフォルトで聴いている間、約30分間のキャッシュを保存してくれるので、曲名やイベントの詳細を聞き逃すことなく巻き戻しすることができます。また、設定を行えば、自動でiTunesに録音したデータを送ってくれます。
気になる受信感度、FMについては別途アンテナ端子(ヘッドホンなどと同様のミニジャックタイプ)がついているので、ケーブルテレビのチューナー端子などからアダプタを介して繋ぐことも可能。安定した受信を期待できます。ネットを検索するといろいろ試している方もいるので受信感度が悪い場合は試行錯誤してみてください。