jetAudioのAM3Dプラグインが良質な音だった

6Pzti3vtK7 EvxV0uKkpxTFpCBvWA0U5MR4UhDB4sO0
普段はiPhone / RadsoneでたまにAndroid端末で音楽聴くときにjetAudioを使っているのですが、最近リリースされた新しいAM3Dというプラグインがすごくいい感じだったので紹介。

主観にはなりますが、全体が強調されるのではなく、楽器それぞれがいい具合に強調されて左右の差もわかりやすくなるので音場の広がりがよく、ポータブル機器で聴く前提でマスタリングされている音源は総していい感じになりました。

ただ、カナル型などで聴いているとプラグインをオフにしているときと比べて周りの音が入らなくなるので外で使うのはちょっと控えたほうがいいかなと思いました。

SC-04dのROMを国際版4.1へ変更+root化しました。

まもなくと書いてあるのになかなかドコモの公式アップデートがこないのでSPモードメールやエリアメールは使えなくなってしまいますが国際版のGoogle公式ROMへ変更したので記事にメモ。

今回の前にブーロローダーのアンロックやバックアップはすべて済ませ、Cloclworkも導入済みにしております。
また、ご自身で行う場合は自己責任にてお願いします。 

参考にしたブログはこちら 

Galaxy Nexus(SC-04D)への国際版ROM4.0.4(IMM76I)導入とRoot化

このブログの1.は実行せず、その他を一通りWIndows7上から実行してまずは4.04状態のGALAXY NEXUSヘアップデート。

その後、NEXUSの設定→端末情報→システムアップデートで4.1.2にアップデート。

ここまでで取り急ぎ、4.1になるのですが、このままでは日本語を入力することが出来ないのでGooglePlayにてGoogle日本語入力Betaを導入。

その後、ブートローダーモードにしてrecovery-clockwork-6.0.1.0-maguro.imgをfastbootでFlashし、その後、CWM-SuperSU-v0.96zipを一度NEXUSにダウンロードしてから再度リカバリーモードにしてinstall zipで導入→root化完了。

NEXUSのrom manager上からClockWorkを入れると現状、ちゃんと起動しないようなのでバックアップはブートローダー選択画面(電源+VOL全押し起動)からリカバリーモードにして運用中です。