Google Readerはもういらないと思わせてくれた「Feedly」

My Feedly from kentaro kitagawa on Vimeo.

Google Readerが7月で終わると知って、大半の情報をFeedを通じて得ているので焦り、いろいろ探している最中に見つけたFeedly。

ブログを書こうと思ったらこんな記事も・・・ Feedlyが直近48時間で500,000人のGoogle Readerユーザを獲得

他のサービスでは、以前少し使っていたNetvibesはユーザーが増えすぎてサイトが止まったり、mixtabも入れてみたもののなんとなく・・・

でしたが、FeedlyはGoogle Chrome / Android / iOS向けにアプリを提供していてiOSではフリックで感覚的に操作できる。そして何より、Google Readerにログインすればインポート作業などは一切必要ない便利なサービス。

Google Readerユーザーには今後使う使わないは抜きにしても、一度アクセスしてみてほしいサービス。

feedly. feed your mind.

Google Chromeでテキスト編集できるエディタ(SourceKit + DropBox)

Srckit

MacBook Airでコーディングする際、DreamWeaverでもできるのですが、モニターが小さいのでメインのウインドウ以外のプロパティなどのウインドウが邪魔になることもしばしば。
なのでいろいろ使えそうなエディタを探している中で見つけたGoogle Chrome 上で動くアプリ「SourceKit」。このアプリはファイルをアップロードしたりすることができないため、別途DropBoxのアカウントでDropBox上のファイルにアクセスする必要があります。

上の画像のようなレイアウトで左側が階層、右側がソースでソースのテキストや背景の色はいくつかテーマがあって選ぶことが出来ます。

Google Chromeにログインすればどこでも使え、軽いので簡単な編集などはこれで十分だと思います。

 

ブックマーク。開発者向けGoogle Chromeエクステンション紹介の記事

13 Google Chrome Extensions for Developers (part 1)

Web系開発者に便利なGoogle Chrome用エクステンションを紹介する記事をブックマーク。

メモリーキャッシュをクリアにするものやキャプチャー、jQuery APIの動作確認やFireFoxでお馴染みのものまで紹介されていました。

Google ChromeでJolicloudが使える「My Jolicloud」

ネットブックのためのソーシャルなOS「Jolicloud

ブラウザー上で動くデスクトップ・スタートページサービス「Netvibes」の創業者が新たな開拓場所として選んだのはOS。そしてそのOSがGoogle Chrome上でも動くこととなる。

もともとJolicloudはインターネットにつながっていないとサインインできない仕組みになっているので、Google Chrome上でも同じアカウントを使い、ほぼ同じことが出来るようになっている。たとえばGmailやFlickr、meeboなどといったサービスにアクセスできる。

日本のものではないのではてなやmixiといったものはないけれど、既存のサービスを既に使っている人はぜひ一度試してみてください。

ユーザーの持っていないフォントを使える?API Google Font API

Googleが便利なAPIをリリースしてくれました。
その名も「Google Font API」。
現状日本語には対応していないフォントのようなのですが、自分のサイトなどでGoogle Font DirectoryにあるフォントをCSSを通じて使うことができます。

これからiPadなどを通じて書籍などを見る機会が増える中、フォントの表現の幅が広がるのは非常にありがたい。

プレビューのところでフォントの選択やシャドウをつけたCSSのソースを取得できるのでブログなどでもすぐに活用出来そうです。

Google Appsをプライベートで導入。

最近仕事でDNSをいじったり、プライベートでtumblrを自分のドメインで運用始めたりで、Google Appsの敷居がすこし低くなった。

ということでセットアップをしてみた。

未だメールは送信できても受信できずなのでMXを数回いじることになりそう。

とはいえ、これがもっと一般化すれば、プロバイダのメールアドレスを家族でなんてことはなくなり、自分のドメインで家族で運用なんてことになるのかな・・・?

Twitter関連サービス少しまとめてみました。

ソースはこのブログ名での検索結果より。
気になったTwitter関連サービスをまとめてみました。

TOPSY

GoogleとTwitterのAPIを利用して作られているらしい、検索サービス。
キーワードを検索して出てくるページ+Tweet数を検索結果として表示してくれる。
このブログを試しに検索するとこんな感じ。

ブログとTwitterを連携させたりしている人にはとても便利。

tweetbuzz

こちらは時事ニュースなどを軸にtweetされている記事ページを多い順にまとめているサイト。

twib

これは普通に話題のページをカテゴリー分けをせず、URLベースで集計/表示しているサイト。

まだベータ版という事で、自分のアドレスで試すと若干バグが・・・
今後に期待が持てそうなので注目。

Google Buzzを早速使ってみた

昨日リリースされたGoogle Buzzが私のGmailの画面にも現れました。

ということで試しに使ってみました。

Gmail上に一つのタブとして現れ、

それを押すとアラートなどが出るのですが、これがメインの画面

自分のGoogleのプロフィールなどに登録しているURLなどから判別されているであろう、サイトやブログの一覧からGoogle Buzzに表示させたいソーシャルサービスやブログの一覧が出てくるので、ここから表示させたいものをFollowする。

次はFollowerを選択。

ついでにGoogle Buzzをググるとこうなる

Google Friend Connect

一言でいえば囲い込みツール。
このブログにも設置しました。
このサイトに興味のある人がわかり、その人たちと共有できる機会を作ることが出来る。そしてその人たちの変化を相対的に見ることが出来るツール。そして見ている人たち同士を知り、同じ興味を持つ物を新たに探すことが出来る。新しいきっかけを作ることができるらしい?

ありえないぐらいスムーズなブラウザ「Google chrome」

一昨日の発表で驚いたのもつかの間、
今朝からダウンロードできるので早速使ってみました。
凄くシンプルな構成とFireFox3.0の快適さを更に速くしたようなありえないぐらいスムーズなブラウザ。
エージェント情報を見ると・・・
Mozilla/5.0 (Windows; U; Windows NT 5.1; en-US) AppleWebKit/525.13 (KHTML, like Gecko) Chrome/0.2.149.27 Safari/525.13
Safariの兄弟?
FireFoxはアドオンが充実していていいのですが、この快適さは一度使ったら辞められません。
しかも動作が軽い。
デフォルトのホームページに過去にブックマークしたものやよく見るサイトが出てくるのでこれもまたうれしい機能。
もしよければ使ってみてください。
Google Chrome

Google Map API

仕事でGoogle MAP APIを使うことになり、週末と今日、合間を縫っていろいろ試行錯誤。
どうしても地図サイズの値がJavaScriptで渡せないので取り急ぎPHPで実装。
「行きつけの店はココ」のように地図を簡単に導入するための方法のひとつとして一役買ってくれそうなAPIです。将来的には住所で検索したりできるものを実装・・・ できるかな・・・
→実装してしまいました。

Google Page Creator

昨日、どこかのサイトを見ているとPowered by Googleの文字。Googleのサーバーを使っているのかと思いきや、Googleのツール「Google Page Creator」で作っているサイトでした。
既に話題にもなっているようで、WordやHPビルダーのような感覚で作れます。もちろん、サービスの利用料はなし。無料。
下記マイコミジャーナルでも出てきているようにこれとGoogleが展開しているさまざまなサービスを連携すれば、本当にGoogleのみで完結するECサイトなども出てきそうです。
自分も少し試しにやってみました。
あとは画像編集+加工がGoogle上でできるようになれば、クリエイティブもWeb上で完結しそうな世の中になってきました。10年後には実現していそう・・・
だれでも簡単にWebページを作成できる!! 「Google Page Creator」登場(マイコミジャーナル)
Google Page CreatorをGoogle Page Creatorでレビュー