このCM、iPhone 4G? あ、あれ、iPod touch?!

さすが、、、というクオリティなのでまずは見てみてください。

iPhone 4G (FAUSSE PUB) from Stéphane Réthoré on Vimeo.

Scénario, production et réalisation: Stéphane Réthoré /
Contact: stephane.rethore@yahoo.fr

Directeur photo: Grégoire Darrasse / Jérémy Cingarlini / Steadycamer: Etienne Bolo / Assistante Cam: Elise Gouin / Electros: Julien Grindat / Romain Fisson / Assistante réalisation: Natalie Schmitz / 2nde assistante réal: Ophélie Legoff / Scripte: Lucy Pons / Déco (conception monolithe): Nicolas Romand / Maquilleuses: Agathe Billmann, Tracy Fesneau/
Storyboards: Stéphane Réthoré /
Monteur: Stéphane Réthoré / Assistant Monteur: Matthieu Galley
Superviseur SFX: Damien Hurgon / Graphistes 2D: Damien Hurgon / Etienne Bolo / Jonathan Rigaud / Michael Rouayroux / Graphiste 3D (packshot) : Alban Periaut /
Etalonnage: Jérémy Cingarlini / Camille Corbetto /
Musique et Sound Design: Paco Rousseau /
Régisseuse générale: Christine Eveno / Régisseuse adjointe: Chloé DiGregorio / Régisseurs: Matthieu Galley / Jasmina Vulic / Véronique Thernisien / Aude Gueho /
Making of: Jean-Marc Duez / Photographe de plateau: Camille Corbetto /
Remerciements: Daniela Faurel / Laurent Dugrés / Mairie de Paris / Mairie de Nanterre / BNF / MK2 Bibliothèque / Laurence Durand-Gaillard / France Audiovisuel /
©LD Production

さまざまなリーク情報が流れ、しかしまだ発表されていないなかでこれを最後まで見ると、「え、んっ?!」という声がでてしまいそうなのですが、すごくクオリティーの高い映像なので載せました。

実はホンモノのiPhone 4Gで撮って作りました。みたいなオチがあると最高なんだけど。。。

次期iPod touchはいよいよカメラ付き?

またまたベトナムのサイトから。

どうやら本体にカメラとマイクロフォンがつく予感。

あとは今のものとそれほど変らず。

iPod nano同様、動画にも力を入れそうな予感。そしてもしかするとHDサイズで録画?!と想像は膨む。

サイトの写真を見ていると実機テストをしているようなのですが、MacBookはリリースされましたし、iPhone 4GやiPod touch 3G?にも期待ができそうです。

英語版はEngadgetにて

iPhone / iPod touchの画面をMac上で表示するアプリ

今回紹介するアプリがJailBreak必須なので導入、利用は自己責任にて。

iPhoneやiPod touchの画面をMacのデスクトップ上で表示できれば、Ustreamなどで画面を見せたい場合、CamTwistを使うことでフレームのコマ落ちはしてしまうものの、別途Webcamを用意して、固定してといった煩わしい準備をせずに、綺麗な画質で見せることができる。

使うアプリは「ScreenSpliter」とMac上に表示するための「DemoGod」。

Macと端末間の接続は無線LANが必須となります。

iPod touch 3.1.3をJailbreakしてみた。

するのが難しいといわれていたiPhone / iPod touch 3.1.3のJailBreakを簡単にできるツールができたので紹介。

使ったツールは「spirit」Windows版もMac版もあり、方法はパソコンに繋ぎ、iTunesを起動し同期可能な状態でSpiritのjailbreakのボタンを押すのみ。

インストール後、iPhone,iPod touchのロック解除でセットアップが自動で行われる。

iPhoneやiPod touchでFMラジオを聴けるレシーバー

どこかが出してくれると思っていたFMラジオ内蔵のBluetoothのオーディオレシーバー。

ウォークマンと同系の合わせたカラーで有機ELの画面が見やすそうなリモコン型のレシーバー。

rajikoのおかげでWifiやインターネットにつながれば聴けるようになったものの国内の殆どでまだ対応していない地域や局が多く、まだまだチューナー内蔵型ガジェットの出番は続く。

ラジオの製品は輸入品の場合、日本の周波数帯にセッティングできないものもあるので事前に確認は必須。

追加記事

以前からあるiPodで聴くためのガジェットといえばこれ

最新機種はアプリをiPhone,iPod touchにインストールして使えるようになっている。

AmazonでiFM FM radio on your iPhone or iPod
を検索

かばんの中のガジェット

DSCN1427

最近かばんに入れて持ち歩いている一式。これにエネループのUSB対応の充電池と無線対応のデジカメが常にかばんの中にはいっている。

いちばん大きな黒い物体はHPのネットブック。 XPと思いきや中身はOS Xのハッキントッシュ。その上に載せているのは携帯とiPod用の接続ケーブル、ピンマイク、FM対応のボイスレコーダー機能付きMp3プレーヤー、microSDのUSBアダプター、Bluetoothのレシーバーなど、その他amadanaの電卓、エネループの充電器と単4電池、デジカメの予備バッテリー、SDカード(4GB)、イヤホンのリワインダー。AKG K340P(イヤホン)。左上は複数のイヤホンを繋げられるBelkinのジャック。

ライターなら取材に行けそう。。。

iPhone / iPod touchの統合スケジュール管理アプリ「Informant」

本物の手帳と同じぐらいの価格でAppとしては正直高い。けれど、その機能性、使いやすさなどはあの「intelliscreen」を凌ぐかなという感じ。

iPod touchにデフォルトでついているカレンダー機能ではToDoやGoogle Calendarと統合管理できなかったり、パソコンに接続しないと同期できなかったりするのですが、informantさえあればスケジュール管理からもっと工数の多いプロジェクト単位でのタスク管理まで対応できそうなところ。しかもガントチャート風のビジュアルだったりといったものもあるので一目でタスクがかぶっていたしてもわかりやすい。

自分は普段Google Calendarで管理しているのでパソコンがあるときはパソコンからGoogle Calendarへ入力、wifi環境ではInformantを立ち上げていると自動更新されるので外に出てもInformantをみればすぐ確認できる状態にしています。

パソコン上のテレビや映画をiPhoneやiPod touchを使ってみる方法+ノートパソコンをラジオサーバーに

パソコン上のテレビや映画をiPhoneやiPod touchを使ってみる方法とラジオサーバーについて。まずはラジオサーバーから

もう買って7年になるVAIO SRX-3Sをいうノート。
ネットでブラウジングすることすらままならないこのノートに何かいい用途はないかと考えた末のラジオサーバーという使い方。

VAIO SRX-3S
radioSHARK2
SugarSync

で構成。radioSHARK2のアプリケーションにスケジュールを設定して保存先のフォルダをSugarSyncというストレージサービスの同期フォルダにする。するとSugarSyncのストレージ上にアプロードされ、録音されたラジオ番組をSugarSyncを介して聴けるようにすることができる。

SugarSyncの無料会員版では1ファイル100MBの制限があるので30分〜1時間単位で録音する必要もあるものの、iPhoneやiPod touch用のSugarSyncのアプリを使うとダウンロードすることなくストリーミングで聴くことができる。

パソコン上のテレビや映画をiPhoneやiPod touchを使ってみる方法

個人的に最近楽しんでいるのはこれよりもMac+K-BD MAKER+STB+Air Cam+iPod touch 2Gでお風呂でテレビ。

Air Cam Live Videoを使えば、パソコンのWebCamやTVキャプチャーなどの出力をiPhoneやiPod touchに送信することができるので、お風呂に居てもWIFIで繋がればテレビや映画を見ることができます。

iPod touch 2G(2009 Fall)のBluetoothとSBT01Rを比較してみた。

iPod touch / bluetooth unit

第2世代から搭載されているbluetooth。wifiとともにとあるチップにそしてFMの機能もそのチップには含まれているらしいのですが、内蔵のものとDockコネクターに繋げるもの、果たしてどちらが音はいいのだろうか? 操作は?というところをせっかくなのでいろいろいじって試してみました。

今回使ったのは
SBT01とSBT01Rそしてレシーバーはdocomoのwireless unit N01というamadana携帯のもの。

操作の部分でレシーバーの再生や早送りなどがiPod touh本体とSBT01が動かず、SBT01Rはしっかりと動いてくれました。

肝心な?音質はというと正直、SBT01、SBT01Rともに本体よりもダイナミクスがいいような、音の広がり強弱ともによくなったような印象でした。特にSBT01Rはbluetoothとしてはなかなかのものではないでしょうか?

ただ、ケースに入れて使おうとすると接触不良などが置きゃすいので、実際に外出時に使ってみて一切音が途切れなかったiPod touch本体と比べるとやはり、使い勝手のところで内蔵のものがいいかと、、、 でも音質の綿ではやはり?外付けは有利なようでした。バッテリーの持ちがちょっと気になりますね。

このブログのSBT01関連記事

JAN-FEB / Akiba+iPod 4g × N-04A + α

週末の一日
土曜日:秋葉原にて買い物+α
日曜日:スーツの受け取り+α
あの事件の前から行っていないので半年以上行っていなかった秋葉原に土曜日行った。目的は自分の困ったマークを出し続けるiPod 4Gのあるパーツを探すため。 型番を調べ、お店を探すこと5分。あっけなく調達を完了。帰宅後さっそく、iPod 4Gの中身を換装。そしてWindows機につないだものの認識しないので、MacBookにつないで拡張フォーマット、FAT32形式でフォーマットしたあと一度リストア→Windowsで再びリストアをして復活。今はフルカラーでムービーも見れるiPodが一般的ですが、最初のクイックホイール搭載の4Gがよみがえりました。
最近よくGeniusを使うので何の色見もないShuffleで数年前の曲がかかるのがうれしかった。
そして日曜日はスーツを取りにいきました。
三が日に採寸をして生地を選び約一ヶ月、ダークネイビーのニューブリティッシュスタイルのオーダースーツ。明日が楽しみ。
携帯の待ち受け画像をcdbk.net CREATIVESに静止画状態で公開

iPod touch 2.1xへ

9日の発表とともにリリースされたソフトウェアのアップデート。
昨夜早速、アップデートしてハードは1.Xなものの、中身は2.1に。
jailBreakは果たしてできるようになるのだろうか。。。
Geniusが使えるようになったらレビューします。