ネットブックをメディアサーバー化


iPadを使い始めてからネットブックを全く使わなくなってきたので
ラジオやテレビを留守録できるメディアサーバー化をしてしまいました。

端末はHP mini1000、OSはWindows XPからMac OS X(10.6)に変更、

閉じてもスリープにならないようにした上で、Macの画面共有機能で他の端末から操作。
フォルダも共有化することで

Hackintosh⇒WindowsXPでは動作やアプリの操作性がぎこちないのでMac化。

Insomnia⇒スリープ機能を停止するソフト

radioShark2⇒FMラジオの留守録をするため
Windows,Mac対応のAM/FM対応のUSB接続チューナー

K-BD MAKER⇒外部映像音声入力デバイス

Windowsでも動作するキャプチャーデバイスで本来はビデオデッキなどからのアナログ出力をデジタルに変換してパソコンで記録するためのもの。デジタルテレビのチューナーの信号をコピーガードの影響を比較的受けずに取り込めるのでこれを使っています。

Empia Capture⇒K-BDMAKER用再生ソフト
K-BDMAKERに付属する再生・録画ソフト。

Audio Hijack Pro⇒あらゆる接続されたデバイスの音を加工、録音出来るアプリ。

Macで何かを録音する際非常に便利なアプリケーション。
radioSharkにも対応しており、このアプリケーションから録音の周波数やスケジュールの設定が可能。
また音にエフェクトなどをかけることもできます。

QtRex⇒外部映像音声入力デバイスから録画、録音

WebCamなどからスケジュールを指定して録画できるソフト。

普段からケーブルテレビのセットボックスを使ってテレビを見ているのでセットボックスからRCA(アナログ)でK-BD MAKERにつなぎ、Empia captureやQtRexで映像を見れるようにしています。
留守録する際はQtRexを使いスケジュールを設定。ラジオはrajikoやradioSharkをAudio Hijack Proでスケジュールを設定して録音。

ネットブックもそのままではスリープしてしまうのでInsomniaを使い、スリープ機能をOFFに。

録画したデータはMp4に変換してiPadやiPhoneに入れれば、外出先でも楽しむことができます。

ネットブックのウインドウサイズを見た目より広くしてしまう方法

ネットブックを使ってみるとこのブログやウインドウのサイズを指定して開かれるページがあるとすごく操作しにくいところがあったので、自分は実際のスクリーンより広く使えるように設定をしてみました。そのキャプチャーを載せておきます(Windows XP)

1. .画面のプロパティを押して「設定」タブを選択
2. 「詳細設定」をクリックして出てきたウインドウの「モニタ」タブを選択
3. 「このモニタでは表示できないモードを隠す」のチェックを外し、「適用」をクリックしたあと「アダプタ」タブをクリック
4. 「モードの一覧」をクリックして出てきたウインドウで希望のウインドウサイズ、ビットレートを選択し、「OK」をクリック
5. そして、「適用」→「OK」を押す。
6. 完了。

以上でスクリーンより広い設定を行うことができます。カーソルを端に寄せるとスクロールして表示してくれるようになります。

メモ:HP Mini 1000に取り急ぎいれてみたもの

Office系の普段使うツールのほかにちょっと遊びがほしいと思いいれてみたツールについてメモ。

Adobe AIR
Yahooウィジェットなどを入れてもいいんだけど、ここはあえてAdobe AIR。

Skimmer
ネット上で言うとライフストリームに近い、コンテンツリーダーと呼ばれるもののひとつ。Adobe AIRがないと動かないのでそこは注意。あとはもっとさまざまなサービスに対応してくれるとありがたいです(たとえばUstreamとか・・・)。

あとは現実的なところでDRMで保護されたストリームが見れない場合があるのでWMPはダウングレード?か。。。