MVNOでSIMフリーのiPhone5をテザリング

2015 04 12 00 53 41

最近、移動中のWiMAXの調子があまり良くないので他に何か良い方法は?と考え、最近250kbpsのMVNOの変更も考えようと思っていることもあり、ぷららモバイルLTE 定額無制限プランを契約してみました。

一つ難点としては普通のドコモの端末ではMVNOのSIMでテザリングができないので、SIMフリー端末が必要になってしまうところ。今は普段検証機としか機能していないSIMフリーのiPhone5にさして使っています。速度は概ね良好でした。

2015 04 12 00 54 27

他の回線も図ろうと思い、LTEとWifiを計測したところ、半年ぐらい前まではLTEで!0MBぐらいでればよかった状態だったのですが、最近は普通に50MB超えしていることを知りました。

2015 04 12 00 53 56

Wifiはケーブルテレビの回線経由で上限が100MBぐらいだったと思うのですが、この速度。

光回線にする必要があるのかどうか、よくわからなくなってきました。

今年はAndroid端末をそろそろ5.0以上に対応したものに変えたいので、MVNOのテザリングを視野に入れつつ。色々模索中。

Galaxy S6/S6 edgeをちょっと触ったのですがは感触的にはS3からS4に変わったときのような目新しさはない、デザインも奇抜ではないけれど、ものすごくスムーズに動く。片手操作もしやすい端末でした。Xperiaを視野に入れていたのでちょっとGalaxyシリーズもいいなと思い始めてきました。

iPhone5からSIMフリーiPhone 6 plusへ

from instagram/cdbk 充電なかなか進まず

予約開始当日に予約して3〜4週待ちになっていたiPhone 6 plusがこの週末に届いたので今まで使っていたSIMフリーのiPhone5から、移行しました。

SIMは2年前にドコモのXi用をSIMフリーのiPhone向けにNanoSIMタイプにしてもらったもの。

 ケースはSpigenのものをネットで購入したものの、間に合わず、未だ出荷待ち。なので取り急ぎ純正のレザーのカバーとrayoutのフィルム。

SIMフリーなので肝心な接続、アクティベーションは簡単にでき、iPhone5のときはmoperaの契約とAPN設定が必須でしたが、iPhone 6 plusはSIMを挿すだけで自動的にSPモード経由でネットにつながりました。

アプリなどはiPhone 5で使っていたもの+GALAXY Note2でよく使っているものを入れました。

 

移行する際に大事なこと

2段階認証のセキュリティ関連のものは一旦追加、認証させてから前の端末から消さないと紛失したときなどと同じフローを踏まないといけなくなるのですごく手間になります。

2段階認証のものは一旦2段階認証を解除して、再び次は新しい端末で認証できるようにセットアップする。もしくは設定などで移行するオプションがあるものはそれを利用。

もう少し使ってからまたレビューかきます。

充電はパソコンなどのUSB経由よりANKERの充電器が数倍速く充電できました。

 

SIMフリーのiPhone5のバッテリーを交換、その後

14385705083 546f7502ca o

2012年の11月に買って1年半以上たち、バッテリーもかなり劣化してきたようで、容量が50%を切った状態でカメラなどを使うと電源が落ちることも増えてきたのでバッテリーを交換しました。

SIMフリーでドコモのキャリア設定を使っているため、交換後、なかなかdocomoの電波をつかまなかったのですが、しばらく歩いていると知らぬ間につかんでくれるようになりました。

今のところ調子は良いようで9%を切るような状態でもフルで使えるようになりました。

バッテリーの減りが穏やかでも半分をすぎるぐらいで電源が落ちるなどある場合は交換も視野に入れた方がよいようでした。

海外旅行先でSIMフリーiPhone5を使うために探したモノ・コト

  • (Simフリー) 海外版+iPhone5+ホワイト+64G

linked by blog-tools

7月に旅行を計画していて、旅行先でも普通に連絡が取れ、Twitterやネットが使える状態を保てると楽しいだろうなと考え、色々探してみた所、便利なものをみつけたので紹介。

海外で使えるモバイルルーターのレンタルサービス

最初は現地キャリアのSIMでと考えていたのですが、かなりリーズナブルなモバイルルータのレンタルサービスがいくつかあったので検討することにしました。

国別で価格が違う所はありますが、1日300〜1000円と国内キャリアのローミング・パケット定額(ドコモなら1,980〜2,980(JPY))よりも安く済み、テザリング対応機種がなくてもラップトップなどもネットを使うことが出来るようになるので、非常に便利な選択肢だとおもいます。

また受け取り先が現地のホテルや空港、成田・羽田(どちらもゲート外)などを選べるので前もってどこかに出向いたりする必要がないところも◎。

※盗難、紛失保証なども用意されているので気になる場合ははいっておいた方が良さそうです。

海外キャリアのプリペイドSIM

現地のキャリアが提供しているプリペイドSIM。
使うには自分の使っているiPhoneがSIMフリーで且つ、周波数帯が対応しているか、キャリアがNanoSIMなどを提供しているか等、事前に調べる必要があるものの、割安でスマホを活用できるようになる。 

プリペイドSIM+持参のモバイルルーターで使えれば国を選ばずどこでも自分の環境がもてるのはメリット。

実際に購入できるブース等が空港にあるのですが、色々ブログ等を見た所、最近は到着後すぐ行かないと30分待ちといった状態になるようなので外国人向けにオンライン予約を行っている場合は事前に申し込んでおくのも良いかと思います(例えば、台湾の中華電信では使用開始の3~7日前であれば予約可能)

ホテルで使うためのLAN用ルーター

5つ星ホテル等ではwifiなども常備が普通ですが、日本の地方のホテル含め、まだまだLAN線がメイン。なので複数つなげたりするにはLAN用のルーターが必需品。
ほとんどのルーターはコンパクトなものの、バッテリーを内蔵していないので別途バッテリーやACアダプターが必要になります。

そして、ルーターやアダプター等を買う際はコンセントの形状や電圧が正しくないと事故や故障の原因になるので買う前に事前に調べ、買い物が無駄にならないようにしておく。

現地でネットを使う場合、有線、無線関係なく、LANでネットワーク上のデバイス等が丸見えといった場合があるのでセキュアな環境を整え、必要であればファイアウォル機能等を活用して不必要なポート等は閉じ、コンピューターウイルスなどの危険から守ることも大事です。社用端末等を使う場合は事前に現地でネットにつないでいいか確認しておくことも忘れずに。

バッテリーケース&モバイルバッテリー

iPhone5で丸一日普通に使うなら、mophie juice pack air + Anker SlimTank。mophie juice pack airにはmicro usbポートが充電用に用意され、SlimTankには短いmicro usbコードが内蔵されているので別途コードを持ち歩かなくても何かあったとき充電が出来るのが気に入っているところ。

LINEやSkype以外の選択肢、050

友人や家族と連絡を取るだけであればSNSやIMなどで十分等ですが、他の人や仕事関連でやり取りをする際に必要なのはやっぱり電話。現地でどこかに電話となるとプリペイドSIMやローミングが必須になるけれど、日本とやり取りする場合はIP電話の050から始まるサービスであればネット経由で同じ料金で通話できるので便利。固定費も1000円せず、番号をもてるのでフリーランスの方で仕事用に電話番号をもちたい方にもお勧めします。

 

 

  • PLANEX+MiniUSB%2FDock%2FFOMA%2FSoftBank%2FCDMA(au)%2FPSP用巻取り式充電ケーブル+ホワイト+BN-MUS4CW
  • ポケットWi-Fi+ HUAWEI+E5836 +【E586にfomaプラス対応の850Mhz対応!SIMフリー海外モバイルルーター】ファーウェイE5836
  • 世界対応マルチプラグ+海外旅行のお供に最適♪+コンセント入出力変換アダプタ
  • 【+新品+海外用+コンセント+変換プラグ+29536+】+世界中150ヶ国以上のコンセントに対応
  • PLANEX+Xperia・X06HT+HTC+Desire対応+急速充電+MicroUSBケーブル%2B+ACアダプタセット+ブラック(コンセント接続用)PL-CHGXPERIAB
  • Android au IS03%2FUSB×2-AC充電器 【F80-KA40BK】 海外対応!2ポート同時充電可能!

linked by blog-tools

DTI ServersMan SIM 3G 100が届いたのでST15iに入れてみた。

NewImage

DTI ServersMan SIM 3G 100が届いたのでXperia mini / ST15iに入れてみました。

添付されているAPNなどの設定を行うとすぐ繋がりました。

ブラウザーでのサイト閲覧等はノロノロですが、IP電話などが普通に使えるものもあるので、主にそちらメインでしばらく使っていきます。

7月に台湾旅行を計画していて、現地でどうやってスマホを使うか、中華電信のSIMや海外で使えるwifiルーターレンタルなど色々調べている所で、実際に使って現地レポート?やってみたいと思っています。

もしおすすめ等あれば教えていただけると幸いです。

SIMフリーのXperia mini(ST15i)を使うためにやったこと

20130504230347865

Xperia miniを最初は4.0.4でと思っていたのですがイーモバイルのものではないのでFMラジオが日本の周波数帯に対応していなかったり、rootを取れなかったりするので2.3.4にダウングレードすることにしました。

ダウングレードはWindowsで簡単にできるサービス「WotanServer.com」があったのでこれを利用。

参考はこちら(http://xperia-freaks.org/2011/09/24/wotan/)のブログ。

自分が利用したときは会員登録を済ませてアプリをインストールし、アプリ上でログイン&サービスを利用するのに必要なクレジット(この場合は2ユーロでした)をWebで決済し、アプリを使いダウングレード。

その後、rooted用のツール(DooMLoRD_v4_ROOT-zergRush-busybox-su.zip)でroot化。

必要最低限のファイル操作アプリを入れ、FMラジオの設定を行い(参照:http://www.dream-seed.com/weblog/archives/2011/08/12174/)、ROM Managerをインストール後、一度バックアップ。起動時にソニーエリクソンのロゴが表示されている間ボリュームダウンボタン連打でCWMが起動します。

DTIのSIMを申し込んだので、そちらも使い始めたこと記事にまとめたいと思います。

安全にSIMフリーのiPhone5を手に入れる方法。

  • (Simフリー) 海外版+iPhone5+ホワイト+64G
  • (Simフリー) 海外版+iPhone5+ブラック+64G

linked by blog-tools

今日ニュースを見ていて驚いてしまった記事

SIMフリースマホ通販「SKS Telecom」で商品届かないトラブル続出 消費者庁が注意喚起

自分自身も買うときにネットや実店舗などいろいろ考え、SKS Telecomも候補に入れていたのでこのニュースは驚きでした。

これ以上被害が増えないようにするためにも、どんなところを見て判断するべきなのかポイントなどを記事にまとめてみました。

なるべく、実績のある(見える)ところにする。

世界的に展開しているExpansysなど既に定評のある通販を利用することで届かない、違うものが届くといったことを防ぐことができます。また、日本語で対応してくれるところや電話で対応してくれるところ、実際に返品を行った際のブログ記事などもあると参考になると思います。よいところだけが目にはいってしまいますが、ネガティブな評価などを見て、見極めることが大事になります。

実店舗で買う。

自分は色々悩んだ結果、実店舗で確認した上で購入しました。秋葉原などにSIMフリーの端末を専門に扱うお店が複数あるので休日などに見て回ってからきめると確実だと思います。数日なら取り置きなどもしてくれるところがあるので、店員さんと交渉してみるのも◎。

Amazonのマーケットプレイスを利用する。

実はけっこうリスクもあるのですが、Amazon.co.jpが発送(実物が倉庫に納品されている)、事業者の評価が一定数あり、高い。といったところをポイントに、自己判断になってしまいますが、簡単に手に入る方法のひとつです。できれば評価の低いものもみてその理由がしっかりしたものかどうかといったところもみて判断したいところ。

そして、SIMフリーの端末は自分が利用しようとしているキャリアがその機種に対応しているかしっかりと確認することが必要なので「買ってSIMカードがさせれば使える」と思わずに、しっかりと調べて使えることを確認してから選ぶようにしたいものです。

正規品SIMフリーのiPhone4とデータ通信用SIM

iPhone 4 32GBブラック(香港版正規品SIMフリー)

FOMA回線を使ったデータ通信を定額でできる日本通信のb-microSIM。Amazonから購入すれば半年間1,5万円以内で使うことができる。

日本通信 b-microSIM (データ通信専用) U300 6 ヶ月(185日)パッケージ BM-U300-6MM

ソフトバンクモバイルのiPhone4はSIMロックされているため、そのままでは使えないが、他国のSIMフリーのiPhone4の設定を日本語にすれば問題なく使える。
AmazonでもSIMフリーのものが8万円代で出回っているので購入を考えている人は一度チェックしてみてはどうだろうか?

いよいよドコモの回線を利用したSIMロックフリー対応のデータ通信サービスがはじまる?

Copyright(C) Japan Communications Inc.

ドコモ回線のMVNO事業者として日本通信は上限を300kbpsとする、SIMロックフリー対応のデータ通信サービスの予約を2010年7月30日より開始する。

300kbpsという数値は決して高くないように見えるが、欧米の一般的な通信速度が384kbps(?)であるところを考えると一般的な速度と言える。

国内で正規販売されているスマートフォンはほぼSIMロックされており、日本通信のサービスを利用するには日本の電波法に適合しているSIMフリーの製品を使う必要があるものの、今後SIMロックを解除できる端末が増えてくることを考えれば、国内でもっとも繋がりやすいドコモのFOMA回線を使えるメリットは高い。

現在販売されているiPhone4はマイクロSIMサイズなのでこのサービスのSIMを使うことができないが、対応するのも時間の問題?

talkingSIM公式サイト