端的に学生時代。

小学生の頃は何か作って遊ぶのがすきでお菓子の空き箱や割り箸などを使って
何かを作ったりしていたのを今でも覚えている(実はそこが原点?)
中学に入り、なんとなくテニス部にはいったものの、本当に自分がしたいものは何なのか、好きなものは?と考え音楽をしたいと思い、趣味でシンセサイザーを始めた。そこから音楽にのめり込みはするものの学業はそっちのけでギリギリ市内の高校に入学。
高校では何となく親友と美術部に入り、デッサンやガッシュをしていた。2年になり新しくきた先生に勧められ、ギターキットを組み立てたのをきっかけにギターにはまる。クラスが特別進学クラスだったこともあり学業にも打ち込むようになる。
進学をどうするか考えたとき、ギタークラフトやDTMをしたいと思ったものの、とりあえず大学を受けることに。DTMもできそうな大学にAO+推薦で受験(絵画と面接)、合格。片道2時間の通学が始まる。
大学に行くとそこではCGやデータベース、DTMからマスコミや美術に関わることのほとんどに触れることができた。CGの授業が割合多いこともあり、 Webサイトの作成を趣味で始める。DTMはというと趣味の域から脱出することはできず・・・挫折。結果的にWebに絞る。そこから約3年間CSSや HTML、PHPに時間をつぎ込んだ。しかしそこでの思考はアート≒デザイン。そこで葛藤していた。
・・・そこから約4年。
一番大きく変わったのは仕事・デザインに対するスタンス。
Apple mobile向け開発キットリリースを前に、Ajaxをもう勉強中。

2件の返信

  • なるほど。
    そういう経歴なんですね!!!
    ふむふむ・・・。

  • そんな感じです。
    趣味に活きる仕事に活きる。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。