昨日→今日+意識していること

最近の小さな楽しみはコカコーラがキャンペーンでしている1本買うとiTunesStoreで1曲のあれなのですが、今日(日付的に昨日)は昼頃までのんびり寝て、その後ビデオを見て過ごしていました。非効率なこんな一日もたまにはいいかもしれないです。
ビデオの内容は攻殻機動隊のOVAなのですが、何度見ても新しい発見があるというところでは見飽きないものの一つ。とはいえ、こういったコンテンツを買えば、全話時間の許す限り見ることが出来るようになった時代、前後のつながりが続けてみるとよくわかる。もっといえば作り手が遊びで入れたものも見てわかる。ということは、作り手は手が抜けない・・・
自分が意識しているのは、常に物事を広い視野で見るということなのですが、仕事でいえば、日本だけでなく、欧米(もっといえばオランダやドイツ)、アジア(中国)の動きを出来る限り見るようにしています。雑誌やネット、書物など見てどういう方向性で進んでいるのか、自分たちとの違いや吸収できるところなど見れば見るほど、興味深く、そして逆に東京も魅力的に見えてくる。
日本はまだどこか流行を作り、そして消費することで社会が進んでいるようにも見えるのですが・・・
その点で中国は面白い。音楽もデザインも新しいものが次々と生まれ、そこには個性が必ずある。自ら流行に進むべきか、それとも何十年経っても廃れないものを作るべきか、悩みどころです。

2件の返信

  • こちらの方では始めましてです。欧米人の物の見方、それに対しての評価の仕方が好きです。そういうところのセンスもいいなって思うときもあります。

  • いいですよね。
    例えば日本では新しく見える服や靴がいいとされる一面があるけれどヨーロッパへ行くと、逆で新しい服を着てるとわかると何かしらの痛い目に・・・
    彼らは新しいものと古いものを同じ人が普通に使っている。クリエイティブの若手はメトロセクシャルだったりするけれど、でもどこか違う。だからなんとなくうらやましく見える・・・

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。