2011年振り返り

2011年は新しいことがいろいろはじまった1年でした。

スマートフォン、タブレット向けのサイト制作

2月から携わっている仕事でPC/スマホ/タブレットの3デバイス向けにサイトを作る機会があり、それを通じてXHTMLからHTML5へのシフトとPHPのみでやっていたデータ処理をある程度jQueryなどを使ってJavaScriptに。そしてCSS3を組み合わせてインタラクティブな動きのあるサイトを作る機会が少しずつ増えてきました。

そのおかげもあり年賀サイトは2010などのFlashではなくHTML5+jQueryのアニメーションで実装しています。

プライベートでもスマホを使うようになった

3月11日、オフィスから自宅へ歩いて帰るとき、同僚の持っていたiPhoneのマップが非常に役に立ったことと、仕事でスマートフォンの実機が必要だったこともありMEDIASに機種変。Galaxyシリーズなどグローバルモデルのような安定感は無いものの、FelicaでマクドナルドのクーポンやEdyが使えたり、会社帰りにワンセグでサッカーの試合を観戦できたり、そしてもちろんカメラも画像加工からソーシャルネットワークのサービスへ投稿までできるのでかなり重宝してます。

そして仕事柄インターネット回線が複数あった方がいいなと思っていたのでWiMAXを導入。自宅でネットが回線の故障でつながらないときや出先、帰省先でもネットにつながり、場所を選ばず仕事ができるようになりました。実際は移動中、iPod touchでいろいろチェックするようになったのでMEDIASを使う頻度が減ったことが一番大きな変化。

ソーシャルネットワークサービス、クラウドサービスの浸透

Facebookを使うことが多くなったこととスマートフォンと連携して撮影した写真をFlickrで自動保存したり、facebookで共有したりといったコミュニケーションが円滑になっていたところと、最初はSugerSyncを、その後Pogoplugを使いはじめ、HDDを持ち歩くこと無くネット経由でデータのやり取りが出来るようになったので、ノート一台あればどこでも仕事ができるようになっています。

MacBook→MacBook Airへ

約5年間使っていたMacBookからMacBook Airへスイッチ。13インチから11.6インチと画面は小さくなるものの解像度は広くなるので以前より作業はしやすくなりました。ただ、今まで500GBでトリプルブートをしていたものを64GBでデュアルにしたので本体には大量にデータを入れておくことは出来ず、結果として、クラウドサービスを使うようになりました。格段に薄くなったのでブリーフケースやバッグに入れても嵩張らないところが◎。

2011年よく使ったガジェット、サービス

facebook
mixiよりも実際に関わる人々とコミュニケーションが取りやすい。映画、「ソーシャルネットワーク」と3.11でより身近になった。

lightbox(アプリ)
カメラ機能とソーシャルサービスへの投稿機能がついたAndroid向けのアプリ。カメラ機能のクオリティが高かったのですが、今はカメラ機能のみ別のアプリになり、QuickSnapという名前で現存。

4ポートUSB充電器
スマートフォンやiPadやWiMAXのモバイルルーター など1A強の電流が必要なガジェットが増えたので4ポートで2A出力が可能なUSB充電器を2種類使っています。microusbのコードが少し厄介で500mA対応のものだとスマートフォンは充電できない場合があるのでブーストしてくれるガジェットをかますか、500mAを超える出力が出来るものが便利です。

 

 

1件の返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。