Webページのテスト表示にDropBoxをつかう

Dropbox

昨年末から本格的にDropBoxを使い始め、Web制作で何かと便利な代物だということに気づいてしばらく、Webページで使うjQueryなどの動作確認にDropBoxのPublicフォルダを活用してみることにしました。

DropBox Automatorというツールを使えば、自動的にアップすることもできるのですが、常に更新されるわけではないので、難しいことは一切せず、デフォルト機能のpublicフォルダに制作しているページと使っているデータ一式をコピペ。あとはコピペしたページを右クリック→DropBox→「パブリックリンクのコピー」。

そしてアドレスバーに貼り付ければ確認することができます。

CSSなどで絶対パスを使っていると同じディレクトリ構成にしないといけないので見れない場合もありますが、jQueryなどでデザイン、レイアウトを整形している場合などに活躍してくれます。

余談ですが、DropBoxに日ごろ入れているのは、

  • 複数の端末で使いたいダウンロードファイル
  • 制作中の制作データ
  • 制作、更新が必要なWebサイトのデータ
  • HTML5ベースのテンプレート(HTML5,js,cssのセット)
  • 外出先で使うこまごまとしたデータや画像(地図やQRコードなど)
  • スマホで使う着信用の音楽データ など

デザインは大画面のデスクトップですることがほとんどですが、コードはラップトップでやることが多くなり、記事のまとめなどはほとんどEvernoteでするようになりました。

Dropbox ×Evernote があれば外出先や移動中でもラップトップがあれば作業できるので重宝しています。ちなみにドコモのスマホユーザーならEvernoteのプレミアムプランが1年間無料で使えます。

http://db.tt/Jcjoz049 このアドレスからDropboxを登録してもらうともれなく2GB+250MBの容量で始めることができるのでこれからという人はぜひ!

1件の返信

  • ピンバック: kentaro kitagawa

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。